クライスラー、パシフィカ の燃費公表…米国ミニバンで最高の高速燃費

自動車 ニューモデル 新型車

クライスラー パシフィカ(デトロイトモーターショー16)
  • クライスラー パシフィカ(デトロイトモーターショー16)
  • クライスラー パシフィカ(デトロイトモーターショー16)
  • クライスラー パシフィカ(デトロイトモーターショー16)
米国の自動車大手、FCA USのクライスラーブランドは3月8日、新型ミニバン『パシフィカ』の燃費性能を公表。米国のミニバンセグメントで、最高の高速燃費を達成した、と発表した。

パシフィカは1月、米国で開催されたデトロイトモーターショー16で初公開。同車は、クライスラーのミニバン、『タウン&カントリー』の後継モデル。先代モデルのデビューから7年が経過してのモデルチェンジを機に、車名をパシフィカに一新した。

パシフィカはミニバンセグメントにおいて、機能性や使い勝手、技術などの面で、新基準を打ち立てることが目標。そのために、車台を新開発。乗り心地やハンドリング、NVH性能でクラスをリードすることを狙う。

装備面では、ミニバンセグメントで初の装備を、約40導入。とくに、安全性とセキュリティ面では、100以上の装備を、標準またはオプションで用意した。具体的には、360度のサラウンドビューカメラ、駐車アシスト、アダプティブクルーズコントロールなどがそろう。

パワートレインは、ガソリンが3.6リットルV型6気筒「ペンタスター」。最大出力287hp、最大トルク36.2kgmを引き出す。アイドリングストップを組み込み、環境性能を引き上げた。

3月8日、クライスラーブランドはパシフィカの燃費性能を発表。米国EPA(環境保護局)認定の高速燃費は、28マイル/ガロン(約11.9km/リットル)と公表した。クライスラーブランドは、「先代比で高速燃費は12%向上。米国のミニバンセグメントで、最高の高速燃費」と自信を示している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. ポルシェ パナメーラ 新型、初公開…4.0ツインターボは550馬力

    ポルシェ パナメーラ 新型、初公開…4.0ツインターボは550馬力

  2. 日本発売はまだか? ホンダ シビックセダン、欧州版が走った

    日本発売はまだか? ホンダ シビックセダン、欧州版が走った

  3. シトロエン C3 新型の画像リーク、「エアバンプ」が見えた…正式発表せまる

    シトロエン C3 新型の画像リーク、「エアバンプ」が見えた…正式発表せまる

  4. 【パリモーターショー16】三菱、グランドツアラー コンセプト 初公開へ

  5. 【グッドウッド16】フェラーリ F12 tdf がヒルクライム…780馬力を解き放つ

  6. メルセデス Eクラス 新型にロング、生産開始…中国工場

  7. ボルボ、コンセプトトラック 発表…燃費30%以上向上

  8. 生産終了のホンダ CR-Z、2リットルターボ搭載で復活か!?

  9. トヨタ パッソ どれほどカイテキ? 便利機能と安全装備[動画]

  10. フォード フュージョン に「スポーツ」…独プレミアム3強の顧客獲得

アクセスランキングをもっと見る