ホンダ、ベトナム法人 設立20周年記念式典を開催

自動車 ビジネス 企業動向

ホンダベトナムの設立20周年記念式典
  • ホンダベトナムの設立20周年記念式典
ホンダのベトナム現地法人、ホンダベトナムカンパニー・リミテッド(以下、ホンダベトナム)は3月10日、ビンフック省ハノイにおいて、設立20周年の記念式典を開催した。

ホンダベトナムは1996年、ベトナムにおける二輪車の製造・販売会社として設立。1997年に二輪車生産を開始。さらに2006年には業務を拡大して、四輪車生産を開始した。設立以来の累計投資額は5.3億USドル。現在、約1万人を雇用している。また、この20年間で約2000万台の二輪車、ならびに4万台以上の四輪車をベトナムの顧客に届けてきた。

1999年、ホンダベトナムは安全運転啓発のための交通安全センターを設立。同センターでは、安全運転の指導ができるよう、ホンダの二輪車正規販売店・四輪車正規販売店の従業員に対しても幅広い教育を行っており、現在までに1500人を超えるインストラクターを育成している。

記念式典でホンダベトナムは、ベトナム警察に対し243台の二輪車を寄贈。また、ホンダベトナムにはこれまでの交通安全啓発活動に対してベトナム国家交通安全委員会から感謝状が渡されたほか、ベトナム政府ならびに省政府が選出する優れた功績を遂げた企業として、記念国旗が授与された。

ホンダの岩村哲夫 副社長執行役員は、「常に顧客に喜んでいただけるものを提供するという信念で事業を展開する中、ホンダベトナムはグローバルホンダの二輪車販売の10%を担うまでに成長した。今後も期待を超える商品やサービスを提供し続け、ベトナムで存在を期待される企業であり続けることを願う」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 撤退が決定したフォードディーラーの今…フォード神奈川港北ニュータウン店を訪ねる

    撤退が決定したフォードディーラーの今…フォード神奈川港北ニュータウン店を訪ねる

  2. カレコカーシェアリング、新型ロードスターを都内3ステーションに導入

    カレコカーシェアリング、新型ロードスターを都内3ステーションに導入

  3. トヨタ プリウス TRDパーツ…空力性能を高め走りを追求[写真蔵]

    トヨタ プリウス TRDパーツ…空力性能を高め走りを追求[写真蔵]

  4. 富士重、スバル自動車保険プランを5年ぶりにリニューアル…サービス拡充

  5. 日産、韓国環境省を提訴…行政処分取り消し求める

  6. イギリスEU離脱…影響される日本企業343社

  7. オリックス、カーシェア車両に セレナハイブリッド 30台を導入

  8. マツダ ロードスター に「宮古島」仕様

  9. GMジャパン石井社長「日本抜きでは考えられない」…フォードの日本撤退で

  10. 英自工会、EU離脱に声明…「政府は英自動車産業の利益保護を」

アクセスランキングをもっと見る