NEDO、モスクワ市で交通渋滞を解消する実証実験…高度交通信号システムを活用

自動車 社会 行政

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、ロシアのモスクワ市交通管制センター(TsODD)と共同で、交通渋滞解消のための高度交通信号システムの実証事業を実施することで合意した。

NEDOは、同市の抱える交通渋滞解消のソリューションとして、TsODDと協力し、日本で交通渋滞解消実績のある自律分散信号システムを市内の渋滞発生道路に連続した交差点に設置する。その上で、この道路で交通渋滞を解消する高度交通信号システム(ARTEMIS)を実証する。

具体的には、2016年から約1年間、京三製作所、野村総合研究所を委託先として、同市内の5カ所の連続する交差点にシステムを設置し、年間を通して交通渋滞解消効果を検証する。システムは、信号制御機(コントローラ)間でリアルタイムに交通情報や信号機制御情報を交換して交差点に流入する交通量を予測、信号待ち時間が最小になるように信号サイクルを制御する。

また、このシステムをモスクワ市以外の地域に展開することについても検証する。

実証事業により、モスクワ市の交通渋滞解消が期待できるとしており、実証事業の結果をもとに、ロシアの他の地域への高度交通信号システムの展開を目指す。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 社会 アクセスランキング

  1. 国道57号の復旧ルートを仮設定…地域住民に提示

    国道57号の復旧ルートを仮設定…地域住民に提示

  2. 国連、車両の相互承認制度について日本提案で合意

    国連、車両の相互承認制度について日本提案で合意

  3. 水素ステーション普及のためJIS改正…使用温度を120度に拡大

    水素ステーション普及のためJIS改正…使用温度を120度に拡大

  4. その規制標識は本物か?...滋賀県警、県内の全標識確認へ

  5. 南阿蘇村・国道57号復旧、新たに長大トンネル掘削---計画概要

  6. 郵便局員のバイクと正面衝突、車両放置して逃走の男を逮捕

  7. 俵山トンネルの補修工事に着手…熊本地震で通行不能

  8. スピンしながら街路樹に衝突、乗用車の2人が重傷

  9. 『ETC 2.0』普及へ前進、経路別の料金優遇などサービス具体化へ

  10. 『ETC2.0』とは…次世代ETCが目指す未来の道路交通

アクセスランキングをもっと見る