【ホンダ クラリティ フューエル セル】八郷社長「FCVのリーディングカンパニーと自負」

自動車 ニューモデル 新型車

ホンダ クラリティ フューエル セルと、八郷隆弘社長
  • ホンダ クラリティ フューエル セルと、八郷隆弘社長
  • 燃料電池パワートレイン
  • リッド式外部給電ポート (CHAdeMO端子)
  • ホンダ クラリティ フューエル セル
ホンダは3月10日、燃料電池車(FCV)の市販モデル『クラリティ フューエル セル』を同日発売すると発表した。5人乗りのセダンタイプで、水素を3分ほどでフル充てんでき、航続距離(JC08モードによる自社測定)は約750kmに及ぶ。

FCVの本格販売としては、世界でもトヨタ自動車が2014年末に発売した『MIRAI(ミライ)』に続くものとなる。価格は税込み766万円で、国の補助金を考慮すると560万円程度になる。国内では当初、自治体や法人を主体にリース販売し、初年度200台の販売を計画している。

年内には北米での販売も始め、日本では17年秋ごろから個人向けの売り切り販売も行う計画だ。都内の本社で開いた発表会見で八郷隆弘社長は「燃料電池スタックなどパワートレーンを小型化し、大人5人が広々と乗車できる室内とした。航続距離もゼロエミッション車では世界トップクラス」と語った。

また、長年FCVの開発に取り組んできた経緯も示し「FCVのリーディングカンパニーとの自負をもっている」ともアピールした。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. ついに来た「ベイビーパナメーラ」! ポルシェ パジュン の姿

    ついに来た「ベイビーパナメーラ」! ポルシェ パジュン の姿

  2. フォーカス 史上最強のモンスター「RS500」、ニュルを駆ける

    フォーカス 史上最強のモンスター「RS500」、ニュルを駆ける

  3. 【グッドウッド16】フェラーリ、458 MM スペチアーレ 初公開…世界に1台

    【グッドウッド16】フェラーリ、458 MM スペチアーレ 初公開…世界に1台

  4. 日本発売も? ルノー メガーヌ 新型に初のセダン投入

  5. ホンダ、新型フリード をホームページで先行公開

  6. フォード GT 新型は価格も“スーパー”…アヴェンタドール 超え40万ドル台半ばに

  7. 【IIHS衝突安全】メルセデス GLE、トップセーフティピック+に指定

  8. 【シボレー キャプティバ】多目的に使え、空間効率が高いのが優位

  9. スズキ スイフト 次期型か!? 試作車をキャッチ

  10. ポルシェ初のワゴン「シューティングブレーク」高速テストを見た[動画]

アクセスランキングをもっと見る