【ホンダ クラリティ フューエル セル】八郷社長「FCVのリーディングカンパニーと自負」

自動車 ニューモデル 新型車

ホンダ クラリティ フューエル セルと、八郷隆弘社長
  • ホンダ クラリティ フューエル セルと、八郷隆弘社長
  • 燃料電池パワートレイン
  • リッド式外部給電ポート (CHAdeMO端子)
  • ホンダ クラリティ フューエル セル
ホンダは3月10日、燃料電池車(FCV)の市販モデル『クラリティ フューエル セル』を同日発売すると発表した。5人乗りのセダンタイプで、水素を3分ほどでフル充てんでき、航続距離(JC08モードによる自社測定)は約750kmに及ぶ。

FCVの本格販売としては、世界でもトヨタ自動車が2014年末に発売した『MIRAI(ミライ)』に続くものとなる。価格は税込み766万円で、国の補助金を考慮すると560万円程度になる。国内では当初、自治体や法人を主体にリース販売し、初年度200台の販売を計画している。

年内には北米での販売も始め、日本では17年秋ごろから個人向けの売り切り販売も行う計画だ。都内の本社で開いた発表会見で八郷隆弘社長は「燃料電池スタックなどパワートレーンを小型化し、大人5人が広々と乗車できる室内とした。航続距離もゼロエミッション車では世界トップクラス」と語った。

また、長年FCVの開発に取り組んできた経緯も示し「FCVのリーディングカンパニーとの自負をもっている」ともアピールした。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【日産 セレナ 新型】星野専務「セレナの魅力はプロパイロットだけではない」

    【日産 セレナ 新型】星野専務「セレナの魅力はプロパイロットだけではない」

  2. 【日産 セレナ 新型】事前予約の7割がプロパイロットを装備

    【日産 セレナ 新型】事前予約の7割がプロパイロットを装備

  3. 【インタビュー】マツダ アクセラ 柏木主査「Gベクタリングコントロールはあくまで要素のひとつ」

    【インタビュー】マツダ アクセラ 柏木主査「Gベクタリングコントロールはあくまで要素のひとつ」

  4. テスラ、航続距離613kmの モデルS P100D を発売…1480万円より

  5. 【レヴォーグ STIスポーツ】発売1か月で3000台超え、購入者の6割は40~50代

  6. 【レヴォーグ STIスポーツ】ボルドー内装で上質さをアピール

  7. メルセデス CLA 改良新型…フロントマスク刷新、379万円より

  8. 【日産 セレナ 新型】プロパイロット採用、ミニバンクラス世界初の同一車線自動運転技術

  9. ボルボ XC60、装備充実の新グレード クラシック を追加

  10. 【日産 セレナ 新型】横浜ゴム、BluEarth E52を新車装着

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら