BMWグループ通期決算、純利益は10%増…過去最高 2015年

自動車 ビジネス 企業動向

BMW 3シリーズ 改良新型
  • BMW 3シリーズ 改良新型
  • BMW 2シリーズ アクティブツアラー
  • BMW X1 新型
  • BMW X3
  • 新型BMW X5
  • BMW・4シリーズ グランクーペ
ドイツの高級車メーカー、BMWグループは3月9日、2015年通期(1‐12月)の決算を明らかにした。

同社の発表によると、MINIやロールスロイスを含めたグループ全体の総売上高は、921億7500万ユーロ(約11兆4870億円)。前年の804億0100万ユーロに対して、14.6%増えた。

また、2015年通期の純利益は、63億9600万ユーロ(約7970億円)。前年の58億1700万ユーロに対して、10%増え、過去最高を達成している。

2015年の世界新車販売は、BMW、MINI、ロールスロイスの3ブランド合計で、初の200万台超えとなる224万7485台。前年比は6.1%増だった。ブランド別では、BMWが前年比5.2%増の190万5234台。MINIは12%増の33万8466台と回復。ロールスロイスは6.8%減の3785台と後退した。

グループ全体の2015年市場別実績は、中国が前年比1.6%増の46万4086台。中国を含めたアジア全体でも、4.2%増の68万5792台と伸びた。米国は2.2%増の40万5715台。欧州は初の100万台超えとなる100万0427台で、前年比は9.4%増。信用不安を抜け出し、2年連続のプラスとなった。

BMWグループのハラルド・クルーガー会長は、「2015年は、全ての野心的な目標を達成した。BMWグループの業績は、引き続き好調。創業100周年の年にまた一つ、素晴らしい業績を打ち立て、BMWグループは、世界の高級車を主導し続けている」と語っている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. スズキ鈴木俊宏社長「壁をぶち破る」、チームスズキで閉鎖体質を変えられるか

    スズキ鈴木俊宏社長「壁をぶち破る」、チームスズキで閉鎖体質を変えられるか

  2. 【訃報】日産 塙義一前社長が死去…ルノーとの資本提携を決断

    【訃報】日産 塙義一前社長が死去…ルノーとの資本提携を決断

  3. スズキ鈴木修会長がCEO辞退、本田副社長退任...燃費不正の引責

    スズキ鈴木修会長がCEO辞退、本田副社長退任...燃費不正の引責

  4. 撤退が決定したフォードディーラーの今…フォード神奈川港北ニュータウン店を訪ねる

  5. 【訃報】稲川スズキ元会長が死去

  6. 富士重、「SUBARU」への社名変更を株主総会で決議

  7. ヤマト運輸、問い合わせにAIが自動で対応…LINE公式アカウントに機能追加

  8. 【川崎大輔の流通大陸】「メイドインジャパンは必要ない」タイで生きる日系ブランド

  9. キャンピングカーの売上、過去最高の357億円…2015年 日本RV協会調べ

  10. タカタ製エアバッグが異常破裂か、ホンダ車で新たな死者…マレーシア

アクセスランキングをもっと見る