【ジュネーブモーターショー16】英モーガン、3輪EVの市販モデル初公開

自動車 ニューモデル モーターショー

モーガンEV3の市販モデル
  • モーガンEV3の市販モデル
  • モーガンEV3の市販モデル
  • モーガンEV3の市販モデル
  • モーガンEV3の市販モデル
英国の名門自動車メーカー、モーガン・モーター・カンパニー(以下、モーガン社)は3月1日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー16において、モーガン『EV3』の市販モデルを初公開した。

モーガン社は1908年、ハリーHFSモーガン氏によって英国ウスター州に設立。1910年のオリンピアモーターショーで前輪が2、後輪が1の『3ホイーラー』を発表し、自動車メーカーとして名乗りを上げた。

モーガンは2015年6月、英国で開催された「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」において、3ホイーラーのEVプロトタイプ、EV3を発表。それから約1年を経て、ジュネーブモーターショー16では、EV3の市販モデルが初公開された。

EV3の市販モデルでは、モーターが最大出力63psを発生し、後輪を駆動。アルミスペースフレーム構造により、車両重量は500kgに抑えられ、0-100km/h加速9秒、最高速145km/hの性能を発揮する。

二次電池は、蓄電容量20kWhのリチウムイオンバッテリー。1 回の充電で、最大240kmを走行できる。モーガンは、「2016年第4四半期(10-12月)、EV3の生産を開始する」と説明している。
《森脇稔》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品