日立オートモティブ、情報安全システム事業部を新設…自律走行システムなどの開発加速

自動車 ビジネス 企業動向

センサーフュージョン(360度検知システム)の車内モニター(参考画像)
  • センサーフュージョン(360度検知システム)の車内モニター(参考画像)
日立オートモティブシステムズは、自律走行システムなどの高度安全走行システム事業を強化するため、「情報安全システム事業部」を4月1日付けで新設すると発表した。

新事業部は、既存のパワートレイン&電子事業部、エンジン&シャシー事業部、走行制御事業部、市販事業部に次ぐ5つ目の事業部となる。既存事業部の最先端製品や日立グループの技術を基に高度安全走行システムを構築し、カーメーカーへの積極的な提案・販売を推進し、事業拡大を図っていく。

自動運転やコネクティッドカーの実用化に向け、次世代ビークルの中核技術が先進運転支援システム(ADAS)から自動走行、自律走行システムへと進展していく中で、情報を活用した高度安全走行システムの技術開発と事業化が中長期的な事業戦略において重要となっている。同社は、新設する情報安全システム事業部により、強みである電子・電動化製品やコントローラーとソフトによる統合制御技術に加え、日立グループが有する情報・通信システムなどとの融合により、高度安全走行システム事業での競争優位性を構築し、他社に先んじた事業展開を目指す。

情報安全システム事業部は、事業戦略策定やシステムエンジニアによるソリューション提案などを担う「グローバル事業企画部」のほか、「設計開発本部」、「システム品質保証部」などで構成。人員体制は約200人でスタートし、今後、適宜拡充を図っていく。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 三菱自動車、国内シェアは1%にダウン…軽自動車販売75%減など 6月実績

    三菱自動車、国内シェアは1%にダウン…軽自動車販売75%減など 6月実績

  2. マツダ藤本常務「アメリカ市場は基本的に厳しいが、踏ん張り時」

    マツダ藤本常務「アメリカ市場は基本的に厳しいが、踏ん張り時」

  3. 【スバルファンミーティング】BRZ ターボ化の可能性は…「頑張れば2.5Lなら」開発者トークショー

    【スバルファンミーティング】BRZ ターボ化の可能性は…「頑張れば2.5Lなら」開発者トークショー

  4. マツダ青山執行役員、国内販売大幅減も「正価販売は今後も継続する」

  5. 国内外の設計開発に触れながら自分を成長させる場がある ― エンジニアに訊くZFの魅力

  6. 「フェラーリやってます」輸入車販売のニコル、横浜でモーターショー

  7. ホイールアライメントって何? 調整の必要な理由とは

  8. 【リコール】UDトラックス クオン、謎の自動ブレーキ…プログラム不具合だった

  9. パナソニックの第1四半期決算、円高で減収減益も想定通りに推移

  10. スバル富士重、国内外販売好調…総生産台数は8か月連続プラス 6月実績

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら