日立オートモティブ、情報安全システム事業部を新設…自律走行システムなどの開発加速

自動車 ビジネス 企業動向

センサーフュージョン(360度検知システム)の車内モニター(参考画像)
  • センサーフュージョン(360度検知システム)の車内モニター(参考画像)
日立オートモティブシステムズは、自律走行システムなどの高度安全走行システム事業を強化するため、「情報安全システム事業部」を4月1日付けで新設すると発表した。

新事業部は、既存のパワートレイン&電子事業部、エンジン&シャシー事業部、走行制御事業部、市販事業部に次ぐ5つ目の事業部となる。既存事業部の最先端製品や日立グループの技術を基に高度安全走行システムを構築し、カーメーカーへの積極的な提案・販売を推進し、事業拡大を図っていく。

自動運転やコネクティッドカーの実用化に向け、次世代ビークルの中核技術が先進運転支援システム(ADAS)から自動走行、自律走行システムへと進展していく中で、情報を活用した高度安全走行システムの技術開発と事業化が中長期的な事業戦略において重要となっている。同社は、新設する情報安全システム事業部により、強みである電子・電動化製品やコントローラーとソフトによる統合制御技術に加え、日立グループが有する情報・通信システムなどとの融合により、高度安全走行システム事業での競争優位性を構築し、他社に先んじた事業展開を目指す。

情報安全システム事業部は、事業戦略策定やシステムエンジニアによるソリューション提案などを担う「グローバル事業企画部」のほか、「設計開発本部」、「システム品質保証部」などで構成。人員体制は約200人でスタートし、今後、適宜拡充を図っていく。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. ブリッド、リクライニングシートの新モデル ディーゴIIIライツ を発売

    ブリッド、リクライニングシートの新モデル ディーゴIIIライツ を発売

  2. 【リコール】トヨタ プリウス など155万台、満タン時にガソリン臭が発生するおそれ

    【リコール】トヨタ プリウス など155万台、満タン時にガソリン臭が発生するおそれ

  3. トヨタ プリウス などのリコール、米国に拡大…カーテンエアバッグに不具合

    トヨタ プリウス などのリコール、米国に拡大…カーテンエアバッグに不具合

  4. 【土井正己のMove the World】英国のEU離脱、「だまされた」のは工場労働者

  5. 三菱 eKシリーズ、7月5日から販売再開

  6. マツダ英国販売12%増、CX-3 と ロードスター が牽引…1‐5月

  7. 【リコール】マツダなど5社、タカタ製エアバッグ不具合で73車種144万台を追加

  8. 【新聞ウォッチ】燃費不正の軽自動車4車種、あすから販売再開---三菱自と日産

  9. 「Drive or Drink」がコンセプト…メルセデスとヱビスがコラボ

  10. クルマとビールが楽しめる“ザテラス”…メルセデスとヱビスがコラボ

アクセスランキングをもっと見る