日立オートモティブ、情報安全システム事業部を新設…自律走行システムなどの開発加速

自動車 ビジネス 企業動向

センサーフュージョン(360度検知システム)の車内モニター(参考画像)
  • センサーフュージョン(360度検知システム)の車内モニター(参考画像)
日立オートモティブシステムズは、自律走行システムなどの高度安全走行システム事業を強化するため、「情報安全システム事業部」を4月1日付けで新設すると発表した。

新事業部は、既存のパワートレイン&電子事業部、エンジン&シャシー事業部、走行制御事業部、市販事業部に次ぐ5つ目の事業部となる。既存事業部の最先端製品や日立グループの技術を基に高度安全走行システムを構築し、カーメーカーへの積極的な提案・販売を推進し、事業拡大を図っていく。

自動運転やコネクティッドカーの実用化に向け、次世代ビークルの中核技術が先進運転支援システム(ADAS)から自動走行、自律走行システムへと進展していく中で、情報を活用した高度安全走行システムの技術開発と事業化が中長期的な事業戦略において重要となっている。同社は、新設する情報安全システム事業部により、強みである電子・電動化製品やコントローラーとソフトによる統合制御技術に加え、日立グループが有する情報・通信システムなどとの融合により、高度安全走行システム事業での競争優位性を構築し、他社に先んじた事業展開を目指す。

情報安全システム事業部は、事業戦略策定やシステムエンジニアによるソリューション提案などを担う「グローバル事業企画部」のほか、「設計開発本部」、「システム品質保証部」などで構成。人員体制は約200人でスタートし、今後、適宜拡充を図っていく。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 【カーグッズ】耐久性に注目「本格コーティング剤」でボディケア

    【カーグッズ】耐久性に注目「本格コーティング剤」でボディケア

  2. ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

    ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

  3. 小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

    小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

  4. レースクイーンが時間を知らせる「サーキット時計」第3弾はスーパーフォーミュラ

  5. スズキ イーコ、最低のゼロ評価…グローバルNCAP

  6. 自動車の街デトロイト、Uber 普及の原動力は「安心感」

  7. 【JNCAP2015】表彰式に眞鍋かをりさん「買うクルマの安全性わかるのは良いこと」」

  8. 【節約絶景ドライブ】見どころが多すぎる!? 石川県・能登半島編

  9. スバル トライベッカ 後継クロスオーバー、2018年から米国生産

  10. 【人とくるまのテクノロジー16】HKS、排気ターボをアシストする電動スーパーチャージャーを初公開

アクセスランキングをもっと見る