タイホンダ、設立50周年記念式典を開催…二輪・汎用製品のグローバル生産拠点 | レスポンス(Response.jp)

タイホンダ、設立50周年記念式典を開催…二輪・汎用製品のグローバル生産拠点

自動車 ビジネス 企業動向

タイホンダ 設立50周年記念式典を開催
  • タイホンダ 設立50周年記念式典を開催
ホンダは、タイ現地法人であるタイホンダが現地時間3月8日、設立50年周年の記念式典を開催したと発表した。

記念式典には、タイのアティト・ウティカロー工業省事務次官をはじめとする政府関係者や取引先各社が出席。ホンダからは岩村哲夫副社長、安部典明アジア・大洋州本部長、幸田好則タイホンダ社長らが出席した。

タイホンダは、タイ初のホンダ生産拠点として1965年に設立。1967年にタイ市場向けの二輪車の生産を開始した。2010年には250ccエンジン搭載の中型モデルを生産開始、2011年にはグローバルモデルの中大型バイクの生産に特化したラインを新設。さらに、2014年よりCBR650シリーズなど大型モデルの生産も開始し、現在さまざまな二輪車をアセアン諸国、オーストラリア、日本、欧州、北米地域へ輸出している。

また1987年には、汎用エンジン、水ポンプ、芝刈機など、汎用製品の生産も開始。2011年には汎用工場を新たに建設し、開発機能と生産機能を統合することで、より効果的・効率的な事業運営を実現している。タイホンダで生産された汎用製品は、現在アセアン諸国、インドのほか、メキシコ、ラテンアメリカ諸国へも届けられている。

ホンダは、2015年に約1700万台の二輪車と約600万台の汎用製品をグローバルで生産しているが、そのうちタイホンダ製品は二輪車で約10%、汎用製品で約40%を占め、ホンダを代表するグローバルでの二輪車・汎用製品生産拠点となっている。タイホンダは2014年には、二輪車・汎用製品生産累計5000万台を達成。現在ではその2製品の累計生産は5570万台(二輪車2690万台、汎用製品2880万台)にのぼっている。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品