【MINI コンバーチブル 新型】センターメーターは「今後も必ず残る」

自動車 ニューモデル 新型車

MINI コンバーチブル
  • MINI コンバーチブル
  • MINI コンバーチブル
  • MINI コンバーチブル
  • MINI コンバーチブル
  • MINI コンバーチブル
  • MINI コンバーチブル
  • MINI コンバーチブル
  • MINI コンバーチブル
新型MINI『コンバーチブル』は、遠くから見てもMINIのインテリアだとわかることを大切にデザインしたという。

そう話すのは、MINIインテリア・デザイン・マネージャーのオリバー・ジーグハルト氏だ。そして、「(インパネの)センターにある円形の表示部分が最も重要だと思っている」と述べる。

クラシックMINIや、先代の3ドアMINIなどのスピードメーターがこの表示部分にあった。しかし、2013年にデビューした3代目MINI以降、この表示はナビなどを含むインフォマティクスに変わった。ジーグハルト氏は「ドライバーと助手席の二人を常に意識した結果だ。つまり、スピードメーターはドライバーの目の前にあることが、人間工学的にも良く、インフォマティクスを中央に配置することで、助手席への情報の提供ができるからだ」と述べる。

また、その下にはヘリテージを感じさせるトグルスイッチを採用することで、「現代とヘリテージを融合させた。この二つの世界を一緒にすることでクリエイティビティが増している。つまり、ユーザーに対して機能性の高いものを提供しながらも、ミニのフィーリングが提供できているのだ」と説明。

では、将来のMINIを考えた時にもセンターの表示は重要なのか。ジーグハルト氏は、「センターの表示は必ず残る」と断言。しかし、その表示に関しては、「デザインチームのクリエイティビティだけではなく、将来のトレンドや、技術というのも取り込んで、それを融合させた形になるだろう」と述べ、そこには最新技術が表示されていくことを語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【ホンダ アコードハイブリッド】内外装刷新、モーターやバッテリーも新設計

    【ホンダ アコードハイブリッド】内外装刷新、モーターやバッテリーも新設計

  2. S660 無限 RA、限定660台で10月3日より発売…289万円

    S660 無限 RA、限定660台で10月3日より発売…289万円

  3. ホンダ 無限 シビック タイプR…限られたユーザーに向けた「無限」のパワー[写真蔵]

    ホンダ 無限 シビック タイプR…限られたユーザーに向けた「無限」のパワー[写真蔵]

  4. 【ホンダ アコードハイブリッド】世界初、信号情報活用運転支援システムを標準搭載

  5. 【ホンダ アコードハイブリッド】開発責任者「全領域で40年目の進化」…改良新型

  6. VWの新型クロスオーバーSUV、プロトタイプを激写

  7. 日産 コンセプト2020 ビジョンGT、『グランツーリスモSPORT』発表イベントに登場

  8. BMW 7シリーズに創立100周年記念モデル…最上級の室内空間 1880万円

  9. アストンマーティン、ヴァンキッシュ ザガート 発表…600馬力

  10. 【ニュル24時間 2016】アストンマーティン、4台がワークス参戦へ

アクセスランキングをもっと見る