【MINI コンバーチブル 新型】センターメーターは「今後も必ず残る」

自動車 ニューモデル 新型車

MINI コンバーチブル
  • MINI コンバーチブル
  • MINI コンバーチブル
  • MINI コンバーチブル
  • MINI コンバーチブル
  • MINI コンバーチブル
  • MINI コンバーチブル
  • MINI コンバーチブル
  • MINI コンバーチブル
新型MINI『コンバーチブル』は、遠くから見てもMINIのインテリアだとわかることを大切にデザインしたという。

そう話すのは、MINIインテリア・デザイン・マネージャーのオリバー・ジーグハルト氏だ。そして、「(インパネの)センターにある円形の表示部分が最も重要だと思っている」と述べる。

クラシックMINIや、先代の3ドアMINIなどのスピードメーターがこの表示部分にあった。しかし、2013年にデビューした3代目MINI以降、この表示はナビなどを含むインフォマティクスに変わった。ジーグハルト氏は「ドライバーと助手席の二人を常に意識した結果だ。つまり、スピードメーターはドライバーの目の前にあることが、人間工学的にも良く、インフォマティクスを中央に配置することで、助手席への情報の提供ができるからだ」と述べる。

また、その下にはヘリテージを感じさせるトグルスイッチを採用することで、「現代とヘリテージを融合させた。この二つの世界を一緒にすることでクリエイティビティが増している。つまり、ユーザーに対して機能性の高いものを提供しながらも、ミニのフィーリングが提供できているのだ」と説明。

では、将来のMINIを考えた時にもセンターの表示は重要なのか。ジーグハルト氏は、「センターの表示は必ず残る」と断言。しかし、その表示に関しては、「デザインチームのクリエイティビティだけではなく、将来のトレンドや、技術というのも取り込んで、それを融合させた形になるだろう」と述べ、そこには最新技術が表示されていくことを語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【スバル インプレッサ 新型】ヘキサゴンとコの字の組み合わせは今後のスバルの顔

    【スバル インプレッサ 新型】ヘキサゴンとコの字の組み合わせは今後のスバルの顔

  2. 【日産 セレナ 新型】星野専務「予約好調、ロケットスタート切る」 8月24日発売

    【日産 セレナ 新型】星野専務「予約好調、ロケットスタート切る」 8月24日発売

  3. BMW M5、現行型に最終モデル…5年の歴史に幕

    BMW M5、現行型に最終モデル…5年の歴史に幕

  4. 【スバル インプレッサ 新型】専用サイトで国内仕様を公開…歩行者保護エアバッグを初装備

  5. 【メルセデスベンツ Eクラス 新型】上野社長「新世代のスタンダードに」

  6. 【メルセデス Eクラス 新型】ドライブパイロット初搭載、高速渋滞時の自動運転を実現

  7. アルピナ版 5シリーズ ツーリング「B5」早くも目撃

  8. 日産 マーチ 次期型、2016年内に生産開始へ

  9. ホンダ NSX 新型、環境性能でフェラーリ/マクラーレン凌駕

  10. 【スバル インプレッサ 新型】すべてが必然のデザイン…フロントに生きる「栄・誉エンジン」

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら