フォード、米工場に投資…環境エンジンの需要に対応

自動車 ビジネス 企業動向

フォードモーターの米国クリーブランドのエンジン工場
  • フォードモーターの米国クリーブランドのエンジン工場
米国の自動車大手、フォードモーターは2月26日、米国クリーブランドのエンジン工場に対して、1億4500万ドル(約164億円)を投資すると発表した。

クリーブランドのエンジン工場は、1951年に操業を開始した老舗工場。現在、1500名以上の従業員を雇用している。

同工場では、フォードモーターの環境エンジン、「エコブースト」を組み立て。フォード『F-150』用の3.5リットルをはじめ、『エッジ』用の2.0リットル、『エクスプローラー』『マスタング』用の2.3リットルを生産中。

フォードモーターは今回の投資により、クリーブランドのエンジン工場の設備を更新。新型F-150用の2世代目3.5リットルエコブーストエンジンの需要増に応えていく。

フォード・ジ・アメリカズのジョー・ハインリッチズ社長は、「顧客はエコブーストエンジンのパワーと燃費の比類ないバランスを支持している。F-150の顧客の6割以上が、エコブーストを選ぶ」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 三菱 ランエボ など、米国でリコール…サス部品脱落のおそれ

    三菱 ランエボ など、米国でリコール…サス部品脱落のおそれ

  2. 米EVテスラ、小型SUVとピックアップトラック市場に参入へ

    米EVテスラ、小型SUVとピックアップトラック市場に参入へ

  3. いすゞ自動車、GMとの次世代ピックアップトラックの共同開発を中止…単独で開発へ

    いすゞ自動車、GMとの次世代ピックアップトラックの共同開発を中止…単独で開発へ

  4. 日本精工、米国集団訴訟で和解---軸受製品の価格カルテルについて

  5. 宅配便取扱実績…ヤマト運輸、個数トップもメール便は2割減 2015年度

  6. 【池原照雄の単眼複眼】出発点は「謙虚」…マツダの新しい走り「G-ベクタリング」

  7. 自動車タイヤ販売、軽自動車向け不振で2か月連続のマイナス 6月

  8. 2代目トヨタ プリウスのタクシー、累計走行距離100万km達成…オーストリア

  9. 新名神 四日市JCT~東海環状 東員IC間…港湾物流の効率化に期待 8月11日開通

  10. 軽自動車の世帯当たり普及台数…100世帯に54.3台 2015年末現在

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら