ヒュンダイ、米国進出30周年…累計販売1000万台以上

自動車 ビジネス 海外マーケット

ヒュンダイが米国進出30年を祝う
  • ヒュンダイが米国進出30年を祝う
  • 新型ヒュンダイ ソナタ
韓国ヒュンダイモーター(現代自動車。以下、ヒュンダイ)は2月26日、米国進出30周年を迎えた、と発表した。

ヒュンダイは1986年、米国市場に進出。コンパクトカーの『エクセル』の販売を開始したのが、出発点だった。以来、ブランドの認知度を引き上げ、米国での累計販売台数は1000万台を超えている。

また、ヒュンダイは2005年5月、米国アラバマ工場を稼働。同社は2002年、米国に初の乗用車工場を建設することを決定。それから3年の工事を経て、工場が完成した。

アラバマ工場では現在、ヒュンダイの主力車、『ソナタ』と『エラントラ』を組み立て。米国向け車両の60%以上を、現地生産している。

ヒュンダイの米国法人、ヒュンダイモーターアメリカのデイブ・ズコフスキー社長兼CEOは、「米国はヒュンダイにとって、非常に重要な市場。米国市場および経済への投資を継続していく」と述べている。
《森脇稔》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品