ヒュンダイ、米国進出30周年…累計販売1000万台以上

自動車 ビジネス 海外マーケット

ヒュンダイが米国進出30年を祝う
  • ヒュンダイが米国進出30年を祝う
  • 新型ヒュンダイ ソナタ
韓国ヒュンダイモーター(現代自動車。以下、ヒュンダイ)は2月26日、米国進出30周年を迎えた、と発表した。

ヒュンダイは1986年、米国市場に進出。コンパクトカーの『エクセル』の販売を開始したのが、出発点だった。以来、ブランドの認知度を引き上げ、米国での累計販売台数は1000万台を超えている。

また、ヒュンダイは2005年5月、米国アラバマ工場を稼働。同社は2002年、米国に初の乗用車工場を建設することを決定。それから3年の工事を経て、工場が完成した。

アラバマ工場では現在、ヒュンダイの主力車、『ソナタ』と『エラントラ』を組み立て。米国向け車両の60%以上を、現地生産している。

ヒュンダイの米国法人、ヒュンダイモーターアメリカのデイブ・ズコフスキー社長兼CEOは、「米国はヒュンダイにとって、非常に重要な市場。米国市場および経済への投資を継続していく」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. メルセデス SLK、米国でリコール…ヘッドライトに不具合

    メルセデス SLK、米国でリコール…ヘッドライトに不具合

  2. 三菱 ランエボ など、米国でリコール…サス部品脱落のおそれ

    三菱 ランエボ など、米国でリコール…サス部品脱落のおそれ

  3. 宅配便取扱実績…ヤマト運輸、個数トップもメール便は2割減 2015年度

    宅配便取扱実績…ヤマト運輸、個数トップもメール便は2割減 2015年度

  4. GM、タカタ製エアバッグで追加リコールの可能性…最大430万台

  5. テスラ、ソーラールーフ開発へ…エネルギー生産と貯蔵を統合

  6. いすゞ自動車、GMとの次世代ピックアップトラックの共同開発を中止…単独で開発へ

  7. ホンダ欧州販売…33.5%増の8.8万台、ヴェゼル が牽引 上半期

  8. シャープ、交通監視用カメラ向け4/3型CCDを開発…業界トップクラスの感度実現

  9. インプ vs ランエボ、WRC黄金期の2台をレンタルで乗り比べ

  10. テスラ、カーシェアリングに進出へ…自動運転との連携も視野に

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら