マツダ米国販売、16%減の2.1万台…ロードスター は5割増 2月

自動車 ビジネス 海外マーケット

マツダ ロードスター 新型(北米仕様)
  • マツダ ロードスター 新型(北米仕様)
  • マツダ CX-5 改良新型
  • マツダ CX-3
  • マツダ6(アテンザ)の2015年モデル
  • 新型マツダ3(アクセラ)セダン
  • マツダCX-9 の2013年モデル
マツダの米国法人、北米マツダは3月1日、2月の米国新車販売の結果を明らかにした。総販売台数は2万1544台。前年同月比は16%減と、2か月連続で前年実績を下回った。

乗用車系では、主力車種の『マツダ6』(日本名:『アテンザ』)が、3617台を販売。前年同月比は28.6%減と、4か月連続で減少した。

『マツダ3』(日本名:『アクセラ』)は、7275台。前年同月比は18%減と、2か月連続の前年実績割れ。先代モデルを販売してきた『マツダ2』(日本名:『デミオ』)は、2015年12月をもって在庫販売を終了。『マツダ5』(日本名:『プレマシー』)は、60台。前年同月比は97%減と、8か月連続で減少する。

ライトトラック(ピックアップトラックやSUV)系では、SUVの『CX-5』が、2月としては過去2番目に多い7579台を販売。前年同月比は1.8%増と、6か月連続で前年実績を上回った。モデル末期の『CX-9』は461台を売り上げ、前年同月比は72.5%減と、4か月連続で減少した。『CX-3』は1793台と、2015年夏の発売以来、最高の台数。

スポーツカーでは、『MX-5ミアタ』(日本名:『ロードスター』)が、新型投入により、2008年以降では2月の新記録の759台を販売。前年同月比は48.5%増と、9か月連続の前年超え。

マツダの2015年の米国新車販売は、過去20年で最高の31万9184台。前年比は4.4%増だった。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. スズキ鈴木俊宏社長「壁をぶち破る」、チームスズキで閉鎖体質を変えられるか

    スズキ鈴木俊宏社長「壁をぶち破る」、チームスズキで閉鎖体質を変えられるか

  2. 【訃報】日産 塙義一前社長が死去…ルノーとの資本提携を決断

    【訃報】日産 塙義一前社長が死去…ルノーとの資本提携を決断

  3. スズキ鈴木修会長がCEO辞退、本田副社長退任...燃費不正の引責

    スズキ鈴木修会長がCEO辞退、本田副社長退任...燃費不正の引責

  4. 撤退が決定したフォードディーラーの今…フォード神奈川港北ニュータウン店を訪ねる

  5. 【訃報】稲川スズキ元会長が死去

  6. 恋人に会うために使えるタクシー料金、あなたはいくら?…ゼンリンデータコム調査結果

  7. 富士重、「SUBARU」への社名変更を株主総会で決議

  8. 日産、韓国環境省を提訴…行政処分取り消し求める

  9. 【川崎大輔の流通大陸】「メイドインジャパンは必要ない」タイで生きる日系ブランド

  10. タカタ製エアバッグが異常破裂か、ホンダ車で新たな死者…マレーシア

アクセスランキングをもっと見る