首都高・中央環状線、扇大橋付近に薄型「エスコートライト」を設置

自動車 社会 行政

首都高速は3月9日、首都高・中央環状線(外回り)扇大橋付近に、新たに開発した薄型「エスコートライト」を設置する。

エスコートライトは、上り勾配で速度低下に寄る渋滞が発生している場所で、路側に設置した照明を進行方向へ流れるように点灯させ、速度低下を防ぐ渋滞対策装置。今回の設置区間は、上り勾配となっていて、朝夕のピーク時を中心に平日の日中はほぼ毎日渋滞が発生。ひどいときには扇大橋を線等に板橋JCTまで渋滞が延びることがある。

首都高での導入例は今回で2例目。2015年2月に首都高で初めて設置した3号渋谷線・池尻付近に設置したものと比較し、コストを抑え、スペースがない場所にも設置可能な薄型のエスコートライトを採用した。

渋谷線に設置したエスコートライトは、最大通過台数が約3%向上、効果が継続している。今回の扇大橋付近の設置も同様に効果が期待される。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 社会 アクセスランキング

  1. 国交省、事故削減に向け先進技術を活用へ…オートライトや対歩行者自動ブレーキ

    国交省、事故削減に向け先進技術を活用へ…オートライトや対歩行者自動ブレーキ

  2. その規制標識は本物か?...滋賀県警、県内の全標識確認へ

    その規制標識は本物か?...滋賀県警、県内の全標識確認へ

  3. 貸切バス、安全確保の総合的な対策をとりまとめ…安全運行の遵守強化・徹底

    貸切バス、安全確保の総合的な対策をとりまとめ…安全運行の遵守強化・徹底

  4. 国土交通省、貸切バスに装着を義務付けるドライブレコーダーの性能を検討…今秋に策定

  5. 『ETC 2.0』普及へ前進、経路別の料金優遇などサービス具体化へ

  6. 国土交通省、FCVに国際基準を採用へ…保安基準を改正

  7. 燃料電池車の国際相互承認を導入へ…UNR134を国内に導入

  8. 貸切バス、重大事故で即・事業許可取り消しへ…国交省

  9. ガードロープに突っ込んで中破炎上、乗用車の運転者死亡

  10. 横断中の3人がはねられ重軽傷、運転の高齢者は認知症か

アクセスランキングをもっと見る