旅客数740万人、利用率93%…ライアンエアーが2月輸送実績を発表

航空 企業動向

欧州最大の格安航空会社(LCC)、ライアンエアーは2月の輸送実績、カスタマーサービスに関する統計を発表した。

旅客数は前年同月比28%増(160万人増)の740万人。利用率は4ポイント増の93%。昨年3月から今年2月までの総旅客数は1億460万人で、一昨年3月~昨年2月から17%増加した。

ライアンエアーは2月に4万2000便を運航し、定時到着率は91%だった。苦情件数は旅客1000人あたり1.1件で、手荷物関連の苦情に限ると0.51件。航空会社は99%以上の苦情に7日以内に回答したとしている。
《日下部みずき》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

航空 アクセスランキング

  1. スカイマーク、「また乗りたいね!」推進室を新設

    スカイマーク、「また乗りたいね!」推進室を新設

  2. エア・カナダ、トロント=アボッツフォード線の季節運航を再開

    エア・カナダ、トロント=アボッツフォード線の季節運航を再開

  3. シンガポール航空、サンフランシスコ直行便を開設へ…シンガポール-LA間は増便

    シンガポール航空、サンフランシスコ直行便を開設へ…シンガポール-LA間は増便

  4. ボンバルディア、CRJ900型機10機の受注が確定…顧客名は非公表

  5. 【静岡ホビーショー16】タミヤ、新作「1/48 F-14A トムキャット」を会場発表

  6. 東レ、炭素繊維トレカを使用したプリプレグをエアバス機に初供給…A380に採用

  7. 羽田の国際枠拡大で経済効果は年6500億円…国交省試算

  8. 【夏休み】成田国際空港、ワンデイ・サマースクールを実施…ANA訓練施設で職業体験も

  9. 【春休み】晴れた日には名古屋空港でMRJが見られる?

  10. ハワイアン航空、Fossilコラボモデル腕時計を期間限定販売…乳がん啓発

アクセスランキングをもっと見る