停車中の路線バスに正面衝突、車両を放置して逃走の男を逮捕

自動車 社会 社会

4日午前6時ごろ、千葉県松戸市内の県道を走行していたワゴン車が対向車線側へ逸脱。対向車線のバス停に停車していた路線バスに衝突する事故が起きた。クルマの運転者は車両を放置して逃走したが、警察は後に出頭してきた32歳の男を逮捕している。

千葉県警・松戸署によると、現場は松戸市下矢切付近で片側1車線の直線区間。走行中のワゴン車は斜行するようにして対向車線側へ逸脱。対向車線側のバス停に停車していた大型路線バスに正面衝突した。

この事故でバスの乗客2人と運転者が打撲などの軽傷を負ったが、ワゴン車を運転していた男は車両を放置して逃走。警察では軽傷ひき逃げ事件として捜査を開始したが、事故から約3時間後に出頭してきた32歳の男が容疑への関与を認めたことから、自動車運転死傷行為処罰法違反(過失傷害)や道路交通法違反(ひき逃げ)容疑で逮捕している。

聴取に対して男は「気が動転して逃げた」などと供述しており、警察では事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

《PR》関連記事

関連ニュース

特集

おすすめの商品