ホンダのインド販売23%減、4か月連続で減少…2月

自動車 ビジネス 海外マーケット

ホンダ シティ
  • ホンダ シティ
  • ホンダ アメイズ
  • 新型ホンダ ジャズ(日本名:フィット)
  • ホンダ ブリオ
  • ホンダ モビリオ
ホンダのインド現地法人、ホンダカーズインディアリミテッドは3月1日、2月のインド新車販売の結果を明らかにした。

同社の発表によると、2月の総販売台数は、1万3020台(輸出を除く)。前年同月比は23%減と、4か月連続で前年実績を下回った。

1万3020台の内訳では、小型セダンの『シティ』が4880台で、5か月連続の最量販車に。コンパクトカーの『アメイズ』が4069台で、2位に浮上した。新型を投入した『フィット』は3365台で、3位に後退。以下、『ブリオ』が399台、『CR-V』が81台。

また、2014年7月にインド市場に投入された『モビリオ』は2月、226台を販売。また、2月のインドからの輸出実績は、690台だった。

ホンダの2014年度(2014年4月から2015年3月)のインド新車販売は、18万9062台と新記録。前年比は41%増と大きく伸びた。2015年4月から2016年2月は、前年同期比5%増の17万4629台を売り上げている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 米トヨタ、タカタ製エアバッグで追加リコール…約158万台

    米トヨタ、タカタ製エアバッグで追加リコール…約158万台

  2. 小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

    小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

  3. スズキと三菱自の重複1次仕入先は167社…東京商工リサーチ

    スズキと三菱自の重複1次仕入先は167社…東京商工リサーチ

  4. ボルボカーズ傘下のポールスター、新CEOを指名

  5. ボルボ買収の中国吉利、南米衝突テストに失格

  6. 【人とくるまのテクノロジー16】シェフラージャパン、電動化によるバルブタイミング制御技術などを紹介

  7. 【人とくるまのテクノロジー16】マツダ、G-ベクタリング コントロールなど最新技術を紹介

  8. 三菱自、開発部門副社長に日産の山下元副社長

  9. 三井化学とプライムポリマー、海外3拠点でPP自動車材の生産能力を増強

  10. BMWの中国新車販売、7.4%減の3.5万台…4月

アクセスランキングをもっと見る