ヒュンダイのインド販売、9.1%増の4万台以上…暴動の影響なし 2月

自動車 ビジネス 海外マーケット

ヒュンダイ クレタ
  • ヒュンダイ クレタ
  • 新型 ヒュンダイ i20 エリート
  • ヒュンダイ i20 アクティブ
  • ヒュンダイ グランドi10
インド乗用車市場において、シェア第2位の韓国ヒュンダイモーター(現代自動車、以下、ヒュンダイ)のインド法人、ヒュンダイモーターインディアリミテッドは3月1日、2月のインド新車販売の結果を公表した。

同社の発表によると、2月の総販売台数(輸出を除く)は、4万0716台。前年実績の3万7305台に対して、9.1%増と、プラスを保った。

インド国内販売では、新型コンパクトSUVの『クレタ』をはじめ、『エリートi20』と『i20アクティブ』が好調。『グランドi10』も、販売が伸びた。

このうち、小型SUVのクレタは、インドのカーオブザイヤーを受賞。インドのカーオブザイヤーを、ヒュンダイが3年連続で受賞する快挙を成し遂げた。

ヒュンダイモーターインディアリミテッドのRakesh Srivastava営業&マーケティング担当副社長は、「ヒュンダイの2月インド国内販売は、北部ハリヤナ州で起きた暴動で、販売店の稼働日が減り、新車の輸送に困難な問題が起きたにもかかわらず、前年同月比9.1%増の伸びを記録した」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

    ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

  2. 燃費達成率ランキング、データ問題で揺れるスズキの スイフト がトップ…e燃費調べ

    燃費達成率ランキング、データ問題で揺れるスズキの スイフト がトップ…e燃費調べ

  3. 【人とくるまのテクノロジー16】運転支援「次の一手」、開発中の技術を紹介…マツダ

    【人とくるまのテクノロジー16】運転支援「次の一手」、開発中の技術を紹介…マツダ

  4. マツダ、SKYACTIV-Dの燃焼室構造が全国発明表彰 恩賜発明賞を受賞

  5. 「不便」の声受けて売店施設公募...バスタ新宿

  6. ホビージャパン、新型NSX の高品質1:18スケールモデルを発売

  7. 日産ミスフェアレディに新人8名…総勢21名の2016年度新体制発表

  8. 小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

  9. 【人とくるまのテクノロジー16】 クラリティ の大小水素タンク2本が丸見え、 MIRAI との違い…ホンダ

  10. 日本の自動車メーカーの米国雇用、過去最高の46万人…2015年

アクセスランキングをもっと見る