ヒュンダイのインド販売、9.1%増の4万台以上…暴動の影響なし 2月

自動車 ビジネス 海外マーケット

ヒュンダイ クレタ
  • ヒュンダイ クレタ
  • 新型 ヒュンダイ i20 エリート
  • ヒュンダイ i20 アクティブ
  • ヒュンダイ グランドi10
インド乗用車市場において、シェア第2位の韓国ヒュンダイモーター(現代自動車、以下、ヒュンダイ)のインド法人、ヒュンダイモーターインディアリミテッドは3月1日、2月のインド新車販売の結果を公表した。

同社の発表によると、2月の総販売台数(輸出を除く)は、4万0716台。前年実績の3万7305台に対して、9.1%増と、プラスを保った。

インド国内販売では、新型コンパクトSUVの『クレタ』をはじめ、『エリートi20』と『i20アクティブ』が好調。『グランドi10』も、販売が伸びた。

このうち、小型SUVのクレタは、インドのカーオブザイヤーを受賞。インドのカーオブザイヤーを、ヒュンダイが3年連続で受賞する快挙を成し遂げた。

ヒュンダイモーターインディアリミテッドのRakesh Srivastava営業&マーケティング担当副社長は、「ヒュンダイの2月インド国内販売は、北部ハリヤナ州で起きた暴動で、販売店の稼働日が減り、新車の輸送に困難な問題が起きたにもかかわらず、前年同月比9.1%増の伸びを記録した」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. ポルシェ 918 スパイダー、米国でリコール…ネジを間違えた

    ポルシェ 918 スパイダー、米国でリコール…ネジを間違えた

  2. ガラス用フィルム施工…国家技能検定を開催 9月1日から受け付け

    ガラス用フィルム施工…国家技能検定を開催 9月1日から受け付け

  3. デンソー、自動運転技術の開発を強化…カーネギーメロン大金出教授が顧問に

    デンソー、自動運転技術の開発を強化…カーネギーメロン大金出教授が顧問に

  4. ドバイ警察、今度はポルシェ 918スパイダー をパトカーに配備

  5. VWの独6工場、稼働を一時停止…サプライヤーとの対立が原因

  6. ピニンファリーナデザインの高級ルーフボックス、テルッツォが発売

  7. 東名EXPASA足柄で「グランピング」…グラマラスなキャンプ

  8. 宅急便の荷物受け取り日時を事前に指定---ヤマト運輸のサービス

  9. VW、サプライヤーと和解…独6工場の生産再開へ

  10. 日本自動車セールス満足度、ラグジュリー部門でレクサスがV10達成…JDパワー

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら