スバル富士重 武藤専務「 レオーネ が レガシィ になった時以来の大変化」…新プラットフォーム | レスポンス(Response.jp)

スバル富士重 武藤専務「 レオーネ が レガシィ になった時以来の大変化」…新プラットフォーム

自動車 ニューモデル 新型車

富士重工業の吉永泰之社長(右)と武藤直人専務執行役員(左)とスバルグローバルプラットフォーム
  • 富士重工業の吉永泰之社長(右)と武藤直人専務執行役員(左)とスバルグローバルプラットフォーム
  • スバルグローバルプラットフォーム
富士重工業(スバル)は3月7日、東京都渋谷区の本社でメディア向けに「次世代SUBARU説明会2016」を開き、この秋から導入する新プラットフォーム(車台)などによる今後のクルマづくりを提示した。

新プラットフォームは「スバルグローバルプラットフォーム」とし、秋に投入予定の次期『インプレッサ』から順次採用する。自社生産のスバル車すべてに適用し、ハイブリッド車や電気自動車など、今後の電動車両にも展開できる設計としている。

車体およびシャシーの剛性は、現行プラットフォームより部位によって70~100%の向上を図り、走行性能や静粛性などを大きく改善できるという。技術部門を担当する武藤直人専務執行役員は、1989年に『レオーネ』をレガシィに変更した当時を引き合いに出し、「それ以来の大きな変化であり、史上最高レベルの総合性能進化ができた」と、アピールした。

武藤専務はまた、今後の電動化や自動運転技術の普及状況なども予測して設計に反映したとし、新プラットフォームは「2025年まで十分使っていくことができる」とも指摘した。 
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品