英リバプール・ジョン・レノン空港、2月航空旅客数は22%増

航空 企業動向

リバプール空港公式サイト
  • リバプール空港公式サイト
英国のリバプール・ジョン・レノン空港は3月4日、2月の航空旅客数が前年同月比22%増(約6万人増)だったと発表した。

リバプール空港に乗り入れている航空会社は6社(イージージェット、ライアンエアー、ウィズエアー、ブルーエアー、エアリンガス、フライビー)で、全社の2月輸送実績(利用率、提供座席数)が前年同月を上回り、旅客数を押し上げた。

同空港の3月の主な動きとして、スペインのブエリング航空がバルセロナ線、ハンガリーのウィズエアーがブダペスト線とカトヴィツェ線の運航を開始するほか、チェコ航空が昨夏に続いてプラハ線を開設する。
《日下部みずき》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

おすすめの商品