スズキのインド販売、0.9%減…暴動の影響 2月

自動車 ビジネス 海外マーケット

スズキ セレリオ
  • スズキ セレリオ
  • マルチスズキ アルトK10
  • スズキ SX4 S-クロス
  • マルチスズキ・エルティガ
  • マルチスズキ スイフト ディザイア 改良新型
インド新車市場(乗用車)でトップシェアのスズキのインド子会社、マルチスズキは3月1日、2月のインド新車販売の結果を公表した。輸出を含めた総販売台数は、11万7451台。前年同月比は0.9%減と、2か月連続で前年実績を下回った。

11万7451台の販売台数の内訳は、インド国内が10万8115台。前年同月比は0.2%増と、22か月連続のプラス。輸出は9336台で、前年同月比は12.4%減と、3か月連続で減少する。

車種別では、主力のAセグメントの『アルト』『ワゴンR』『セレリオ』『スイフト』『リッツ』(日本名:『スプラッシュ』)『ディザイア』『バレーノ』などが、合計で8万7149台を販売。前年同月比は3.9%減と、2か月連続のマイナス。

バンセグメントでは、『オムニ』『イーコ』が1万2482台を販売。前年同月比は10.5%増と、5か月連続で増加した。SUVやMPVなどのユーティリティビークルセグメントでは、小型MPVの『エルティガ』や新発売の『Sクロス』を含めて、2月はセグメント合計で8484台を販売。前年同月比は44.7%増と、10か月連続で増加した。

マルチスズキの2014年度(2014年4月から2015年 3月)までの新車販売(輸出を含む)は、2010年度の127万1005台を上回り、過去最高の129万2415台。前年比は11.9%増と、増加に転じた。

2月の販売が落ち込んだ理由について、マルチスズキは、「2月下旬に起きた暴動で、サプライヤーからの部品供給が滞り、工場の稼働を一時停止した影響」と説明している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. パナソニック、業界最高容量のアイドリングストップ車用バッテリーを発売…寿命は1.8倍

    パナソニック、業界最高容量のアイドリングストップ車用バッテリーを発売…寿命は1.8倍

  2. 自動車用ソーラーパワー換気扇、車内の温度上昇を抑制

    自動車用ソーラーパワー換気扇、車内の温度上昇を抑制

  3. VWの独6工場、稼働を一時停止…サプライヤーとの対立が原因

    VWの独6工場、稼働を一時停止…サプライヤーとの対立が原因

  4. ホンダ、熊本製作所が通常稼働を再開…震災から4か月

  5. アウディジャパン、Q3 3車種の価格を10万円引き下げ

  6. 震災から4か月、ホンダ熊本製作所 完全復旧までの道のり

  7. 【リコール】日野プロフィア4万5000台、エンジン不具合で出火のおそれ

  8. F1からWorldRXまで、見たいときにスマホで観戦…ネット配信「DAZN」スタート

  9. サスペンションが慣性エネルギーを電力に変換…アウディが開発

  10. レギュラーガソリン、121.7円…前週と変わらず

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら