WCOTY デザイン賞、最終3台にマツダ2車種…CX-3 と ロードスター | レスポンス(Response.jp)

WCOTY デザイン賞、最終3台にマツダ2車種…CX-3 と ロードスター

自動車 ニューモデル モーターショー

マツダ CX-3
  • マツダ CX-3
  • マツダ ロードスター 海外仕様(MX-5 ミアタ)
ワールドカーオブザイヤー(WCOTY)主催団体は3月1日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー16において、「2016ワールドカーデザインオブザイヤー」の最終選考3台を発表した。

ワールドカーデザインオブザイヤーは、ワールドカーオブザイヤー(WCOTY)の部門賞のひとつ。今回は2014年秋から2015年秋にかけてデビューした新型車の中から、最もデザイン性に優れた1台を選ぶ。

条件は、2016年春まで、世界の少なくとも1市場で販売されていること。世界23か国、74名のジャーナリストに5名のデザインの権威が加わり、審査を行う。

2016ワールドカーデザインオブザイヤーの最終選考3台は、以下の通り。

マツダCX-3
マツダ・ロードスター
ジャガーXE

最終選考3台を、マツダの2車種が占有。『CX-3』と新型『ロードスター』の2台が、最終選考に残った。英国のジャガーカーズの新小型セダン、ジャガー『XE』との一騎打ちとなる。

2016ワールドカーデザインオブザイヤーは3月23日、米国で開幕するニューヨークモーターショー16で発表予定。前回は、シトロエン『C4カクタス』が、ワールドカーデザインオブザイヤーを受賞している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品