愛知県道路公社の有料道路が乗り放題、外国人向けパス発売

自動車 ビジネス 国内マーケット

愛知県道路公社と、NEXCO中日本名古屋支社は、訪日外国人向け高速道路乗り放題パス「セントラル・ニッポン・エクスプレスウェイ・パス」(CEP)利用者を対象に、愛知県道路公社の有料道路が乗り放題となるパス「アイチ・トール・ロード・パス」(AIP)を4月1日から販売する。

AIPの設定により、中部国際空港から白川郷、金沢、富士山、京都、伊勢志摩といった観光地への高速道路が定額・乗り放題となり、訪日外国人がCEPを利用しやすくなる。

AIPは、愛知県道路公社が管理する道路のうち、南知多道路、知多横断道路、知多半島道路、中部国際空港連絡道路、猿投グリーンロード、名古屋瀬戸道路の全線が乗り放題となる。価格は2~7日間有効が1500円、8~14日間有効が2000円。

愛知県道路公社、NEXCO中日本は今後も連携しながら、CEP、AIPの利用促進を通じて、訪日外国人の増加や地域の活性化に寄与するとしている。
《レスポンス編集部》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品