アウディ「2025年にはe-モビリティが販売の20~25%に」…シュタートラー会長

自動車 ビジネス 企業動向

燃料電池コンセプトのアウディ h-トロン クワトロ
  • 燃料電池コンセプトのアウディ h-トロン クワトロ
  • アウディ 取締役会会長 ルパート シュタートラー 氏(右)
  • アウディ Q7 e-トロン(東京モーターショー15)
アウディのルパート・シュタートラー取締役会会長は3月3日にドイツで開いた年次報告会見で、プラグインハイブリッド車(PHEV)やバッテリー式電気自動車(EV)などのe-モビリティ(電動化車両)が2025年にはブランド全体の20~25%を占めるようになるとの見通しを示した。

シュタートラー会長は「今後PHEVやピュアEVが増えていき、2025年には販売の20~25%を占めるようになるとみている」と述べた。

また「e-モビリティはさらに新しい需要を形成する。我々の課題はこの変革をアクティブに、そして真剣に進めることだ」とする一方で、「ハイブリッド車やPHEVは今後10年以内の過渡的なテクノロジーと考えている。これと並行して2025年までに我々はピュアEVを様々な量産モデルに投入していく」との考えを示した。

さらに「アウディは内燃機関に置き換わる新しいテクノロジーのノウハウを研究する。水素やバッテリー、モーターなどの専門家を積極的に採用し開発を進める。2016年は約1200人の専門家をドイツで採用する。現在、我々の製造部門はe-モビリティの次のステップに向けてスタートできるよう準備を進めている。2018年からブラッセルで最初の量産化EVとなるSUVの生産を開始する。この工場ではバッテリー組み立て工程も持ち、フォルクス・ワーゲン(VW)グループのキープラントになる」とも明かした。


《取材協力》
アウディジャパン
《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. VWの独6工場、稼働を一時停止…サプライヤーとの対立が原因

    VWの独6工場、稼働を一時停止…サプライヤーとの対立が原因

  2. 【エンディング産業展16】光岡自動車の霊柩車…自分が送ってもらいたいと思う車を

    【エンディング産業展16】光岡自動車の霊柩車…自分が送ってもらいたいと思う車を

  3. アウディ、中国でトランスミッションを現地生産…A4 に搭載

    アウディ、中国でトランスミッションを現地生産…A4 に搭載

  4. パナソニック、業界最高容量のアイドリングストップ車用バッテリーを発売…寿命は1.8倍

  5. 米国高級車販売、メルセデスが首位…レクサスとBMW抑える 7月

  6. 日本自動車セールス満足度、ラグジュリー部門でレクサスがV10達成…JDパワー

  7. 国内初のリチウムイオンバッテリー搭載フォークリフト、トヨタL&Fが発売

  8. 台風9号、JAFへのロードサービス依頼は534件

  9. ホンダ、熊本製作所が通常稼働を再開…震災から4か月

  10. 三菱 RVR など3車種、米国でリコール…CVTに不具合

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら