【ジュネーブモーターショー16】英国から世界へ、ホンダ シビック ハッチバック新型

自動車 ニューモデル モーターショー

ホンダ八郷隆弘社長とホンダ・モーター・ヨーロッパ副社長のフィリップ・ロス氏(ジュネーブモーターショー16)
  • ホンダ八郷隆弘社長とホンダ・モーター・ヨーロッパ副社長のフィリップ・ロス氏(ジュネーブモーターショー16)
  • ジュネーブモーターショー16
  • ジュネーブモーターショー16 ホンダ・モーター・ヨーロッパ副社長のフィリップ・ロス氏
  • ホンダ クラリティ フューエルセル(ジュネーブモーターショー16)
  • ジュネーブモーターショー16 ホンダ社長の八郷隆弘氏
  • ジュネーブモーターショー16 ホンダ社長の八郷隆弘氏
  • ホンダ シビック ハッチバック(ジュネーブモーターショー16)
  • ホンダ シビック ハッチバック(ジュネーブモーターショー16)
2016年3月1日に開幕したジュネーブモーターショーにおいてホンダは『シビック ハッチバック』のプロトタイプを世界初公開した。

プレスカンファレンスに最初に登場したのはホンダ・モーター・ヨーロッパの副社長であるフィリップ・ロス氏。ロス氏は、まず直近の欧州の発売の好調さをアピール。2015年の第4四半期の販売はプラス9%であったが、2016年1月は前年比プラス36%、2月はプラス45%にもなるという。好調さを支えるのが新型の『HR-V(日本名ヴェゼル)』と新型『ジャズ(日本名フィット)』と『シビック タイプR』だという。この調子で、欧州での販売を2015年の13万7000台から、2016年の16万台、そして次のステップとして20万台を目標にしたいという。

その力のひとつとなるのが、4月から予約を開始するという新型『NSX』だ。価格は18万ユーロ(約2200万円)と発表された。また、今年の9月には燃料電池車の『クラリティ』を、イギリスとデンマークでリース販売を予定しているとアナウンスされた。

その後に「私がホンダのCEOになって、初めてのジュネーブショーです」と、登場したのがホンダの社長である八郷隆弘氏だ。「ホンダは昨年、過去最大の自動車販売台数470万台を達成しました。この成功は、ホンダらしい製品があったからだと考えています。そして、これからもエキサイティングで挑戦的でありイノベーティブである製品の開発を続けます」とスピーチを開始した。

また昨年、ホンダジェットを最初の顧客に届けたことを、「ホンダにとって大きなマイルストーンでした」と述べる。また2015年は欧州における自動車のラインナップが揃ったターニングポイントの年であり、2016年以降の成長を約束したいという。

そして次のホンダの欧州における計画が新型シビックの導入だ。そのために、ホンダは英国の工場に2億7000万ユーロ以上もの投資を行ってきたという。この投資によって生まれるのが新しいシビック ハッチバックだ。そして、この新型モデルは北米を含む世界マーケットに輸出されるという。

「すべてが新しいプロトタイプのシビック ハッチバックをみなさんに紹介することができて光栄です」と八郷氏は、新型モデルを紹介した。
《鈴木ケンイチ》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品