プリンセス・クルーズ、全クルーズの船体に新デザインを採用…「マジェスティック・プリンセス」から

船舶 企業動向

プリンセス・クルーズの船体に採用する新デザイン(マジェスティック・プリンセス)
  • プリンセス・クルーズの船体に採用する新デザイン(マジェスティック・プリンセス)
プリンセス・クルーズは、船体に新しいデザインを採用すると発表した。

中国市場向けに初めて建造・設計したクルーズ船「マジェスティック・プリンセス」が、象徴的なロゴを船体にエレガントにあしらった新デザインデビュー第1船目となる。新デザインは今後数年をかけて全船に導入される予定。

船体に採用する新デザインは、大海を渡る波が織りなす穏やかで優美な気品と、クルーズを通じて味わえる、世界各地でのエキサイティングな体験や、さまざまな素晴らしい発見ができる冒険を表現したとしている。

プリンセス・クルーズのジャン・スワーツ社長は「半世紀近くに渡ってプリンセス・クルーズのロゴは世界を巡るクルーズの旅という心踊る体験の象徴となってきた。現在、当社のクルーズ船の寄港地は世界各地で360カ所以上に増え、遠くからでもすぐにプリンセス・クルーズだと気づいてもらえるほどになった」と述べている。

マジェスティック・プリンセスは2月8日、イタリアのモンファルコーネにあるフィンカンティエリ造船所の建造ドックにて進水式を実施した。マジェスティック・プリンセスは、上海に母港を置き、乗客定員3560人で運航される。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

船舶 アクセスランキング

  1. 国土交通省、船舶事故の防止にスマホの活用を検討へ

    国土交通省、船舶事故の防止にスマホの活用を検討へ

  2. クルーズ船の寄港回数が56%増の933回 2016年上半期

    クルーズ船の寄港回数が56%増の933回 2016年上半期

  3. ヤマハ発動機、マルチパーパスボート SR-X24 を開発

    ヤマハ発動機、マルチパーパスボート SR-X24 を開発

  4. クルーズ船の寄港回数、博多港が初の年間トップ…2015年

  5. 佐渡汽船、新潟~両津航路に新造カーフェリー「ときわ丸」が就航

  6. 「日本郵船氷川丸」が国の重要文化財に指定…海上展示船舶で初

  7. トヨタ、バーチャルアンカーシステムを開発…船体位置を自動で保持

  8. 千葉港の新たな旅客船ターミナル、45分のクルーズ船から[フォトレポート]

  9. 津軽海峡ロードに新造船「ブルードルフィン」 10月11日デビュー

  10. 国交省、大型コンテナ船に新たな船体強度を義務付け…折損事故の再発防止

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら