三菱航空機 MRJ、2月は4回の飛行試験…米国でも実施へ

航空 企業動向

三菱航空機は、2月10日からフィードバック改修後の機能試験と走行試験を再開した「MRJ」(三菱リージョナルジェット)の開発状況を明らかにした。

MRJは、太平洋側の空域で飛行試験を継続的に実施しており、各種機能確認、飛行領域拡大など順調に試験項目を消化しているとしている。

2月中に4回の飛行試験を実施し、昨年11月の3回を含め、2月末までに計7回の飛行試験を実施した。

3月以降も国内での飛行試験を継続し、その後、米国での飛行試験へと移行する計画。
《レスポンス編集部》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品