一億総活躍…ダイバーシティ経営を進める100の企業を選定

エンターテインメント 話題

 経済産業省が3月16日に「新・ダイバーシティ経営企業100選表彰式・なでしこ銘柄発表会 シンポジウム」を開催する。

 経済産業省は2012年度から、女性、外国人、高齢者、障害者などを含め、多様な人材が活躍できる機会や環境を提供するダイバーシティ経営を推進する企業と事例を「ダイバーシティ経営企業100選」として選定、発信している。今年度からは新たに働き方改革や女性の職域拡大といった分野を設け、「新・ダイバーシティ経営企業100選」として事例を集めてきた。

 「なでしこ銘柄」は同じく2012年度から選定を開始したもの。東京証券取引所と共同で女性の活躍を推進する上場企業を選定し、投資の活性化などを促す仕組みだ。これまでは対象を東証一部上場企業に限っていたが、今年度から東証二部、マザーズ、JASDAQを含めた全上場企業を対象にするようになった。

 シンポジウムでは今年度の各選定企業を発表するほか、「企業の本音:ダイバーシティ経営の意義」と題したパネルディスカッションを実施。なでしこ銘柄に3年連続で選定されたKDDIの代表取締役社長・田中孝司氏や、2012年度にダイバーシティ経営企業100選に選ばれたサトーホールディングスの代表取締役執行役員社員で最高経営責任者の松山一雄氏が女性社員とともに登壇し、ダイバーシティ経営に取り組む意義や、現場の女性社員の声などを紹介していく。

 会場は東京都千代田区のイイノホールで、15時から17時30分を予定。企業関係者やメディア関係者、研究者や学生のほか、ダイバーシティ経営に興味のある人なら参加できる。参加費は無料で、事前申し込みが必要だ。

新・ダイバーシティ経営企業&なでしこ銘柄、3月16日に発表

《こばやしあきら/H14》

《PR》関連記事

特集

おすすめの商品