アウディ通期決算、営業利益は0.3%減…排ガス問題で引当金 2015年

自動車 ビジネス 企業動向

アウディのルパート・シュタートラー代表(ジュネーブモーターショー16)
  • アウディのルパート・シュタートラー代表(ジュネーブモーターショー16)
  • アウディ A3 セダン
  • アウディQ5
  • 新型 アウディ TT
ドイツの高級車メーカーで、フォルクスワーゲングループ傘下のアウディは3月3日、2015年通期(1‐12月)の決算を公表した。

同社の発表によると、ランボルギーニなどを含めたグループ全体の売上高は、584億2000万ユーロ(約7兆2722億円)。前年の537億8700万ユーロに対して、8.6%増えた。

一方、2015年通期の調整後の営業利益は、51億3400万ユーロ(約6390億円)。前年の51億5000万ユーロに対して、0.3%の減益となった。これは、フォルクスワーゲングループの排ガス不正問題において、3.0リットルV6TDIエンジンを開発したアウディが、今後のリコール(回収・無償修理)などに備えて、引当金を計上した影響が大きい。

2015年の世界新車販売台数は、過去最高の180万3250台。前年比は3.6%増だった。欧州が、前年比4.8%増の79万9950台と好調。このうち、地元ドイツは5.7%増の27万0063台だった。中国(香港を含む)は2015年、57万0889台を売り上げたものの、前年比は1.4%減と後退。米国は、過去最高の20万2202台を販売。前年比は11.1%増と、2桁増を保つ。

車種別の実績では、新型『A3』シリーズが2015年、前年比20.3%増の37万2750台と大きく伸びた。SUVのQファミリーも、前年比6%増の53万7950台と好調。新型を投入した『TT』は、87%増の2万9950台を売り上げた。

アウディのルパート・シュタートラー取締役会会長は、「2016年は30億ユーロ以上を投資する。電動化とデジタル化を進めていく」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 【メルセデスベンツ Eクラス 新型】Amazonと協力してレンタルキャンペーン

    【メルセデスベンツ Eクラス 新型】Amazonと協力してレンタルキャンペーン

  2. 三菱自動車の第1四半期決算…最終赤字1297億円、燃費データ不正問題が影響

    三菱自動車の第1四半期決算…最終赤字1297億円、燃費データ不正問題が影響

  3. トミカ、初の充電式自動走行モデルを発売

    トミカ、初の充電式自動走行モデルを発売

  4. 日産 星野専務「7月の国内受注は非常に好調だった」

  5. 【リコール】日野プロフィア など1万7000台、走行不能になるおそれ

  6. データシステム、車種別サイドカメラキットに新型プリウス用を追加

  7. レギュラーガソリン、前週比0.5円安の122.2円…4週連続の値下がり

  8. 日産、通期利益予想は据え置き…営業利益9%減 第1四半期決算

  9. 三菱ふそう、バス床下の腐食点検を呼びかけ…重大事故のおそれ

  10. 日産の第1四半期決算、円高で4期ぶりの営業減益も「対応力はついている」

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら