WCOTYパフォーマンスカー、最終3台に ホンダ シビック タイプR 新型

自動車 ニューモデル モーターショー

ホンダ シビック タイプR 新型
  • ホンダ シビック タイプR 新型
  • 新型 アウディ R8 V10プラス
  • メルセデスAMG C63 S クーペ
ワールドカーオブザイヤー(WCOTY)主催団体は3月1日、ジュネーブモーターショー16の会場において、「2016ワールドパフォーマンスカー」の最終選考3台を発表した。日本車では、新型ホンダ『シビック タイプR』が残った。

ワールドパフォーマンスカーは、ワールドカーオブザイヤー(WCOTY)の部門賞のひとつ。今回は2014年秋から2015年秋にかけてデビューした新型車の中から、最高の動力性能を持つ1台を選出する。

条件は、2016年春まで生産と販売を継続しており、世界2大陸以上で販売していること。つまり、欧州専用車、北米専用車、日本専用車などは選考対象から外される。投票は世界23か国、74名のジャーナリストが行う。

2016ワールドパフォーマンスカーの最終選考3台は、以下の通り。

アウディ R8
ホンダ シビック タイプR
メルセデスAMG C63クーペ

日本車では唯一、新型ホンダ『シビック タイプR』が最終選考に駒を進めた。対する2台は、新型アウディ『R8』、『メルセデスAMG C63クーペ』と、ドイツの高級高性能モデル。

また、1月に発表されていたファイナリスト5台から、新型シボレー『カマロ』とランドローバー『レンジローバースポーツSVR』の2台が脱落。

2016ワールドパフォーマンスカーは3月23日、米国で開幕するニューヨークモーターショー16で発表予定。前回は、『メルセデスAMG GT』がワールドパフォーマンスカーに輝いている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【ホンダ NSX 新型】開発責任者クラウス氏「日米開発者の文化の衝突がNSXを作った」

    【ホンダ NSX 新型】開発責任者クラウス氏「日米開発者の文化の衝突がNSXを作った」

  2. 【トヨタ プリウスPHV 新型】EV走行60kmで犠牲になったもの

    【トヨタ プリウスPHV 新型】EV走行60kmで犠牲になったもの

  3. クラウン&ランクル、トヨタ店創立70周年記念特別仕様車を発売

    クラウン&ランクル、トヨタ店創立70周年記念特別仕様車を発売

  4. 【ホンダ NSX 新型】日本車最高値の2370万円、ポルシェ 911ターボ も超えた

  5. 【パリモーターショー16】ホンダ シビック タイプR 次期型、予告コンセプトお披露目か

  6. アウディ A7スポーツバック 次期型を初スクープ! ボディ拡大、自動運転も

  7. VW ゴルフR ヴァリアント、カーボンミラー採用の限定モデル発売

  8. セダンのトランクに積める折りたたみ自転車、あさひが発売

  9. 【ホンダ NSX 新型】生産責任者ズソーザ氏「110人の熟練工を選ぶのは大変だった」

  10. BMW 5シリーズ 次期型、「リモートビュー3D」採用へ…スマホで操作

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら