WCOTYパフォーマンスカー、最終3台に ホンダ シビック タイプR 新型 | レスポンス(Response.jp)

WCOTYパフォーマンスカー、最終3台に ホンダ シビック タイプR 新型

自動車 ニューモデル モーターショー

ホンダ シビック タイプR 新型
  • ホンダ シビック タイプR 新型
  • 新型 アウディ R8 V10プラス
  • メルセデスAMG C63 S クーペ
ワールドカーオブザイヤー(WCOTY)主催団体は3月1日、ジュネーブモーターショー16の会場において、「2016ワールドパフォーマンスカー」の最終選考3台を発表した。日本車では、新型ホンダ『シビック タイプR』が残った。

ワールドパフォーマンスカーは、ワールドカーオブザイヤー(WCOTY)の部門賞のひとつ。今回は2014年秋から2015年秋にかけてデビューした新型車の中から、最高の動力性能を持つ1台を選出する。

条件は、2016年春まで生産と販売を継続しており、世界2大陸以上で販売していること。つまり、欧州専用車、北米専用車、日本専用車などは選考対象から外される。投票は世界23か国、74名のジャーナリストが行う。

2016ワールドパフォーマンスカーの最終選考3台は、以下の通り。

アウディ R8
ホンダ シビック タイプR
メルセデスAMG C63クーペ

日本車では唯一、新型ホンダ『シビック タイプR』が最終選考に駒を進めた。対する2台は、新型アウディ『R8』、『メルセデスAMG C63クーペ』と、ドイツの高級高性能モデル。

また、1月に発表されていたファイナリスト5台から、新型シボレー『カマロ』とランドローバー『レンジローバースポーツSVR』の2台が脱落。

2016ワールドパフォーマンスカーは3月23日、米国で開幕するニューヨークモーターショー16で発表予定。前回は、『メルセデスAMG GT』がワールドパフォーマンスカーに輝いている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品