日産の中国販売、13%減の6.1万台…春節の影響 2月

自動車 ビジネス 海外マーケット

日産シルフィ
  • 日産シルフィ
  • 日産ティーダ 中国仕様
  • 日産 ティアナ 中国仕様
日産自動車の中国法人は3月3日、2月の中国における新車販売結果を明らかにした。商用車や、輸入車、現地合弁の東風日産(一部車種)を含めた2月の総販売台数は、6万1100台。前年同月比は13%減と、6か月ぶりに前年実績を下回った。

従来、日産の中国新車販売は、商用車の販売不振により勢いがなかった。そんな中、中国政府は2015年10月、排気量1.6リットル以下の小型車に対する減税を開始。この効果で、日産の中国販売は回復を遂げた。

10月以降の前年同月比は、10月が16.8%増、11月が21.9%増、12月が15%増と、3か月連続で2桁の伸び率。1月は9.4%増と伸び率がひと桁台となったものの、5か月連続の前年超えを維持してきた。2月の新車販売が13%減と落ち込んだのは、大型休暇の春節の影響。

販売の主力は、引き続き小型セダンの『シルフィ』。同車の排気量は1.6リットル以下で、小型車減税に該当する。

日産の2015年の中国新車販売は、前年比6.3%増の125万0100台。この台数は2013年に次いで、過去2番目に多い台数。また、乗用車に限れば、初めて100万台の大台を超えた。2016年は、前年比4%増の130万台を目標に設定している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 撤退が決定したフォードディーラーの今…フォード神奈川港北ニュータウン店を訪ねる

    撤退が決定したフォードディーラーの今…フォード神奈川港北ニュータウン店を訪ねる

  2. 【川崎大輔の流通大陸】「メイドインジャパンは必要ない」タイで生きる日系ブランド

    【川崎大輔の流通大陸】「メイドインジャパンは必要ない」タイで生きる日系ブランド

  3. ゼロスポーツ、シングルメーターフードの追加ラインアップを発売

    ゼロスポーツ、シングルメーターフードの追加ラインアップを発売

  4. タカタ製エアバッグが異常破裂か、ホンダ車で新たな死者…マレーシア

  5. 日産、韓国環境省を提訴…行政処分取り消し求める

  6. キャンピングカーの売上、過去最高の357億円…2015年 日本RV協会調べ

  7. ダイハツ、旭山動物園に寄贈した ハイゼット がボルネオ島へ…野生動物保護活動に活用

  8. 【カーグッズ】チャイルドシート最新事情…重要ポイントの“安全性能”

  9. ダンロップ、スタッドレスタイヤ WINTER MAXX 02 を発売---氷上性能を向上

  10. メルセデス世界販売17万台、BMWとアウディを抑える…5月

アクセスランキングをもっと見る