日産の中国販売、13%減の6.1万台…春節の影響 2月

自動車 ビジネス 海外マーケット

日産シルフィ
  • 日産シルフィ
  • 日産ティーダ 中国仕様
  • 日産 ティアナ 中国仕様
日産自動車の中国法人は3月3日、2月の中国における新車販売結果を明らかにした。商用車や、輸入車、現地合弁の東風日産(一部車種)を含めた2月の総販売台数は、6万1100台。前年同月比は13%減と、6か月ぶりに前年実績を下回った。

従来、日産の中国新車販売は、商用車の販売不振により勢いがなかった。そんな中、中国政府は2015年10月、排気量1.6リットル以下の小型車に対する減税を開始。この効果で、日産の中国販売は回復を遂げた。

10月以降の前年同月比は、10月が16.8%増、11月が21.9%増、12月が15%増と、3か月連続で2桁の伸び率。1月は9.4%増と伸び率がひと桁台となったものの、5か月連続の前年超えを維持してきた。2月の新車販売が13%減と落ち込んだのは、大型休暇の春節の影響。

販売の主力は、引き続き小型セダンの『シルフィ』。同車の排気量は1.6リットル以下で、小型車減税に該当する。

日産の2015年の中国新車販売は、前年比6.3%増の125万0100台。この台数は2013年に次いで、過去2番目に多い台数。また、乗用車に限れば、初めて100万台の大台を超えた。2016年は、前年比4%増の130万台を目標に設定している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. ポルシェ、EVスポーツの開発と生産準備…1400名以上を雇用

    ポルシェ、EVスポーツの開発と生産準備…1400名以上を雇用

  2. 定額クルマ乗り換え放題サービス始まる…IDOMが首都圏で先行リリース

    定額クルマ乗り換え放題サービス始まる…IDOMが首都圏で先行リリース

  3. 飛ぶ・遊ぶ・観る…夏休み、マイカー利用ファミリー向け“涼しい早朝割引”

    飛ぶ・遊ぶ・観る…夏休み、マイカー利用ファミリー向け“涼しい早朝割引”

  4. VWの排ガス不正問題の和解案、米国の裁判所が仮承認

  5. FCA US、新車販売の集計方法を変更…水増し疑惑に対応

  6. メルセデス・ベンツ日本 上野社長「カーシェアを日本でも積極的に進めていく」

  7. 三菱ふそう、バス床下の腐食点検を呼びかけ…重大事故のおそれ

  8. 三菱 アウトランダー 旧型、米国でリコール…融雪剤の影響で腐食

  9. 日東電工、カーテンエアバッグ市場に参入…ノラックスから事業買収

  10. スバル富士重 吉永社長「今秋の インプレッサ 皮切りに毎年新車を投入」

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら