【ジュネーブモーターショー16】ベントレー ミュルザンヌ にロングホイールベース、初設定

自動車 ニューモデル モーターショー

ベントレー ミュルザンヌ エクステンディットホイールベース
  • ベントレー ミュルザンヌ エクステンディットホイールベース
  • ベントレー ミュルザンヌ エクステンディットホイールベース
  • ベントレー ミュルザンヌ エクステンディットホイールベース
  • ベントレー ミュルザンヌ エクステンディットホイールベース
  • ベントレー ミュルザンヌ エクステンディットホイールベース
英国の高級車メーカー、ベントレーは3 月1 日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー16において、『ミュルザンヌ』の「エクステンディットホイールベース」を初公開した。

同車は、ベントレーのフラッグシップサルーン、『ミュルザンヌ』のロングホイールベース車。ミュルザンヌのデビュー以来、初の大幅改良を機に、ロングホイールベース車が初設定された。

エクステンディットホイールベースでは、ホイールベースを通常モデルの3266mmに対して、プラス250mmの3516mmに延長。後席足元の空間を拡大する。航空機のファーストクラスのような、独立2名がけのシートを採用。後席乗員の快適性に関して、新たなベンチマークの確立を目指す。

世界最高の自動車インテリアと称されるクオリティを、さらに追求。ひとつひとつ手作業で選び出されたウッドパネルは、キャビン全体を本物ならではのエレガントさで包み込む。ウッドパネルの種類は13種類。職人が一枚一枚加工した40枚のウッドパネルは、細部にまでこだわった仕上がり。磨き上げられたステンレス、個性的なガラス製スイッチ類、伝統的なローレット加工の操作ボタン、ディープパイルカーペットなども設定し、他にはないラグジュアリーな室内空間をいっそう華やかに演出する。

また、柔らかな手触りの上質なレザーで彩る新デザインのシート、アームレスト、ドアトリムも導入。インテリアの製作には、150時間以上が費やされる。シートは、ベンチマークとなるべく快適性を目指し、新たにルートデザインとキルトデザインの2種類を用意。さらに、レザーカラーも24種類を設定し、シングルトーンまたはデュオトーンを選択できるようにした。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【スズキ SX4 Sクロス 改良新型】大胆チェンジを見る[動画]

    【スズキ SX4 Sクロス 改良新型】大胆チェンジを見る[動画]

  2. ホンダ NSX 新型、最高速は308km/h…欧州仕様

    ホンダ NSX 新型、最高速は308km/h…欧州仕様

  3. 【ルノー トゥインゴ 新型】今後もMTは前向きに検討

    【ルノー トゥインゴ 新型】今後もMTは前向きに検討

  4. 【ルノー トゥインゴ 新型】あのクルマとの差はデザインと値段、そしてユーザー層

  5. 【デザイン東京 16】デザイン性を重視した自転車スタンド、カスタマイズも可能…神谷プラスチック

  6. これぞ最強サルーン!メルセデス AMG S63セダン、605馬力へ

  7. ホンダ NSX 新型、欧州仕様は581馬力で確定

  8. 【スズキ SX4 Sクロス 改良新型】イタリアで先行公開…表情一新

  9. 日産 フェアレディZ 次期型、登場は2017年東京ショーか

  10. 【グッドウッド16】ルノー トゥインゴ 新型に110馬力の「GT」…初公開へ

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら