【リコール】スズキ ワゴンR など161万台、エアコン不具合でエンストのおそれ

自動車 ビジネス 企業動向

スズキ ワゴンR(2008年)
  • スズキ ワゴンR(2008年)
  • 改善箇所
スズキは3月3日、軽自動車『パレット』などのエアコン コンプレッサーに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、スズキ『パレット』『ワゴンR』『アルト ラパン』、日産『ルークス』、マツダ『AZ-ワゴン』『フレア ワゴン』の6車種で、2008年1月9日から2015年5月18日に製造された合計161万6125台。

エアコンのコンプレッサオイル充てん量が不適切なため、エアコン使用時にコンプレッサ内の潤滑が不足することがある。そのため、そのまま使用を続けると、コンプレッサ内部が焼き付き、最悪の場合、エンジン回転数低下時に走行中エンストすることがある。

改善措置として、全車両、コンプレッサを確認し、該当するコンプレッサを搭載する車両にはコンプレッサオイルを補充し、エンジン制御コントローラを修正プログラムに書換える。コンプレッサの焼き付きが確認された場合は、コンプレッサを良品と交換する。

不具合は245件発生、事故は起きていない。市場からの情報により発見した。
《纐纈敏也@DAYS》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品