【F1】第2回テスト2日目、ボッタスがトップ…ホンダのバトンも順調に周回 | レスポンス(Response.jp)

【F1】第2回テスト2日目、ボッタスがトップ…ホンダのバトンも順調に周回

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

2016 F1 第2回バルセロナテスト 2日目
  • 2016 F1 第2回バルセロナテスト 2日目
  • 2016 F1 第2回バルセロナテスト 2日目
  • 2016 F1 第2回バルセロナテスト 2日目
  • 2016 F1 第2回バルセロナテスト 2日目
  • 2016 F1 第2回バルセロナテスト 2日目
  • 2016 F1 第2回バルセロナテスト 2日目
  • 2016 F1 第2回バルセロナテスト 2日目
  • 2016 F1 第2回バルセロナテスト 2日目
2016年の第2回F1プレシーズンテスト2回目が2日、スペインのカタロニア・サーキットで行われ、バルテリ・ボッタス(ウイリアムズ)がトップタイムを記録した。

1回目と合わせて計6日目ということもあり、各陣営とも1日で100周以上を走破。開幕に向けてのデータ収集を積極的に行っていた。しかし新規チームのハースはターボトラブルに見舞われ、わずか1周のみでこの日は終了。チームは3日のセッション復帰を目指し修復を行っている。

この日も少しずつ本領を見せはじめているメルセデス勢がトップタイムを記録していたが、ボッタスはスーパーソフトタイヤを試し1分23秒261を記録し、この日のベストを記録した。2番手にはルイス・ハミルトン(メルセデス)のタイムを0.3秒差でつけた。なお、午後はニコ・ロズベルグがドライブし、2人で計164周を走破。目立ったトラブルも出ておらず、ここまで順調にきているといったところ。3番手にはケビン・マグヌッセン(ルノー)が1分23秒933で続き、ワークス復活初年度から好調な走りをみせている。

マクラーレン・ホンダはジェンソン・バトンが2日目を担当。121周を走破し1分25秒183を記録。第2回目のテストからパワーユニットを新しいものにし、新パーツも導入していることは機能しているようだ。ここまで小さなトラブル等はみられるものの、順調に周回を重ねており、バトンも「かなり進歩した」と手応えを感じている様子だった。

2016第2回F1バルセロナテスト 2日目総合結果
1.バルテリ・ボッタス(ウイリアムズ)1分23秒261[108周]
2.ルイス・ハミルトン(メルセデス)1分23秒622[73周]
3.ケビン・マグヌッセン(ルノー)1分23秒933[126周]
4.セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)1分24秒611[151周]
5.ジェンソン・バトン(マクラーレン)1分25秒183[121周]
6.ダニエル・リチャルド(レッドブル)1分25秒235[135周]
7.カルロス・サインツJr(トロ・ロッソ)1分25秒300[166周]
8.セルジオ・ペレス(フォース・インディア)1分25秒593[128周]
9.ニコ・ロズベルグ(メルセデス)1分26秒298[91周]
10.パスカル・ウェーレイン(マノー)1分27秒064[79周]
11.マーカス・エリクソン(ザウバー)1分27秒487[55周]
12.エステバン・グティエレス(ハース)ノータイム[1周]
《吉田 知弘》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品