マクラーレン、6か年計画を発表…2022年までに15モデルを投入

自動車 ビジネス 企業動向

マクラーレン 570GT
  • マクラーレン 570GT
  • マクラーレン675LT
マクラーレン・オートモーティブは、設立6周年を迎え、2022年までの6か年計画となるビジネスプラン「Track22」を発表した。

同社では、新商品や技術開発に対する投資比率を自動車業界トップクラスとなる売上高の20~25%に引き上げる方針。ビジネスプランの対象となる6か年にわたって、10億ポンド(約1580億円)を投資し、15台の新型/派生モデルを発表する予定だ。

ジュネーブモーターショーで初公開した『570GT』に続き、2017年にはスポーツシリーズとしてスパイダーモデルも導入を予定。『675LT』のクーペやスパイダーが数週間で完売となったため、将来的に複数のモデルを登場させ、「LT」をサーキット向けのサブブランドにすることも発表した。

また2022年までに、マクラーレンモデルの少なくとも50%にハイブリッド技術を搭載することも明らかにした。英国マクラーレン・テクノロジーセンターのリサーチエンジニアたちにより、完全電気駆動パワートレインの開発は、すでに初期プロトタイプ段階にあり、アルティメットシリーズの今後のモデルでの実現性について評価を進めている。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 米EVテスラ、小型SUVとピックアップトラック市場に参入へ

    米EVテスラ、小型SUVとピックアップトラック市場に参入へ

  2. クルマを置かないVRショール―ム…タッチポイントが増える

    クルマを置かないVRショール―ム…タッチポイントが増える

  3. 2代目トヨタ プリウスのタクシー、累計走行距離100万km達成…オーストリア

    2代目トヨタ プリウスのタクシー、累計走行距離100万km達成…オーストリア

  4. 【リコール】スズキ イグニス、走行中にドアが開くおそれ

  5. クルマを置かないVRショール―ム…代官山蔦屋書店のメルセデス・ベンツ日本に行ってきた

  6. 【池原照雄の単眼複眼】出発点は「謙虚」…マツダの新しい走り「G-ベクタリング」

  7. マツダ CX-4、中国受注が1万台突破…発売1か月

  8. オートエクゼ、アテンザ用ストリートスポーツ チューニングキットを発売

  9. 三菱 ランエボ など、米国でリコール…サス部品脱落のおそれ

  10. 車内温度を素早く下げるには「エアコン+窓全開走行」がおすすめ…JAF検証

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら