【ジュネーブモーターショー16】ジウジアーロ、GT Zero 発表…490馬力のEV | レスポンス(Response.jp)

【ジュネーブモーターショー16】ジウジアーロ、GT Zero 発表…490馬力のEV

自動車 ニューモデル モーターショー

イタルデザイン・ジウジアーロ GT Zero
  • イタルデザイン・ジウジアーロ GT Zero
  • イタルデザイン・ジウジアーロ GT Zero
  • イタルデザイン・ジウジアーロ GT Zero
  • イタルデザイン・ジウジアーロ GT Zero
  • イタルデザイン・ジウジアーロ GT Zero
  • イタルデザイン・ジウジアーロ GT Zero
イタリアのデザイン工房で、フォルクスワーゲングループに属するイタルデザイン・ジウジアーロは3月1日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー16において、『GT Zero』を初公開した。

GT Zeroは、イタルデザイン・ジウジアーロの最新コンセプトカー。開発コンセプトは、「イタリアン・グリーン・モジュラー・グラン・トゥーリスモ」。また、GT Zeroは、イタルデザインの輝かしい歴史に敬意を払いつつ、将来へのビジョンを提示した1台でもある。

その外観は、ガルウィングのサイドドアを持ったシューティングブレーク風。モノコックカーボンフレームに、アクティブエアロダイナミクスを備えたボディを組み合わせる。六角形のリアウインドウが特徴的。ボディサイズは、全長4918mm、全幅1974mm、全高1274mm、ホイールベース2875mm。

室内は、2+2または3+1のレイアウトが可能。ダッシュボードの大型モニターには、OLED技術を導入する。また、スイッチ類を全て廃し、大型モニターのマルチタッチコントロールに操作系を集中させた。

モジュラー車台に搭載されるパワートレインは、EVまたはハイブリッドに対応。ジュネーブで披露されたのはEVで、モーターはフロントに2個、リアに1個の合計3個で、4輪を駆動。トータルで490psのパワーを引き出し、最高速250km/hの性能を発揮する。バッテリーの充電は、80%の容量なら、約30分で完了する。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品