【ジュネーブモーターショー16】ジウジアーロ、GT Zero 発表…490馬力のEV

自動車 ニューモデル モーターショー

イタルデザイン・ジウジアーロ GT Zero
  • イタルデザイン・ジウジアーロ GT Zero
  • イタルデザイン・ジウジアーロ GT Zero
  • イタルデザイン・ジウジアーロ GT Zero
  • イタルデザイン・ジウジアーロ GT Zero
  • イタルデザイン・ジウジアーロ GT Zero
  • イタルデザイン・ジウジアーロ GT Zero
イタリアのデザイン工房で、フォルクスワーゲングループに属するイタルデザイン・ジウジアーロは3月1日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー16において、『GT Zero』を初公開した。

GT Zeroは、イタルデザイン・ジウジアーロの最新コンセプトカー。開発コンセプトは、「イタリアン・グリーン・モジュラー・グラン・トゥーリスモ」。また、GT Zeroは、イタルデザインの輝かしい歴史に敬意を払いつつ、将来へのビジョンを提示した1台でもある。

その外観は、ガルウィングのサイドドアを持ったシューティングブレーク風。モノコックカーボンフレームに、アクティブエアロダイナミクスを備えたボディを組み合わせる。六角形のリアウインドウが特徴的。ボディサイズは、全長4918mm、全幅1974mm、全高1274mm、ホイールベース2875mm。

室内は、2+2または3+1のレイアウトが可能。ダッシュボードの大型モニターには、OLED技術を導入する。また、スイッチ類を全て廃し、大型モニターのマルチタッチコントロールに操作系を集中させた。

モジュラー車台に搭載されるパワートレインは、EVまたはハイブリッドに対応。ジュネーブで披露されたのはEVで、モーターはフロントに2個、リアに1個の合計3個で、4輪を駆動。トータルで490psのパワーを引き出し、最高速250km/hの性能を発揮する。バッテリーの充電は、80%の容量なら、約30分で完了する。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. ブガッティ最強1500馬力、2億超えの シロン …受注200台突破

    ブガッティ最強1500馬力、2億超えの シロン …受注200台突破

  2. 【ホンダ NSX 新型】日本車最高値の2370万円、ポルシェ 911ターボ も超えた

    【ホンダ NSX 新型】日本車最高値の2370万円、ポルシェ 911ターボ も超えた

  3. 【トヨタ プリウスPHV 新型】大型部品のバックドアに炭素繊維強化樹脂を採用

    【トヨタ プリウスPHV 新型】大型部品のバックドアに炭素繊維強化樹脂を採用

  4. VWの新型SUV、車名は「トラモント」か…中国メディアがスクープ

  5. 【トヨタ プリウスPHV 新型】世界初の駆動用ソーラー充電搭載…1日最大6.1km走行分を発電

  6. 【インタビュー】"効率"はエコだけじゃない!EVパワーモードでコスパを実感してほしい…トヨタ プリウスPHV 豊島チーフエンジニア

  7. 【ホンダ NSX 新型】展示は販売店以外で…羽田空港、表参道ヒルズはじめ、名古屋、大阪でイベント

  8. 【トヨタ プリウスPHV 新型】航続60km以上、最高速135km/hに…豊島チーフエンジニア「EVの走りをはっきりと」

  9. ポルシェ カイエン 次期型、“ランデブー”高地テストを激写

  10. 【ホンダ NSX 新型】八郷社長「車がただの道具になってもらっては困る」

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら