BASF、2015年の業績発表…原油・ガスの価格下落により減収減益

自動車 ビジネス 企業動向

独BASF社は、2015年の業績を発表。売上高は前年比5%減の704億ユーロ(約8兆6592億円)、営業利益(EBIT)は同18%減の62億ユーロ(約7626億円)と、減収減益となった。

2015年は、販売量こそやや増加したものの、原材料価格の急落によりほぼすべての事業本部で販売価格が低下。売上高は同5%減の704億ユーロとなった。特別項目控除前営業利益も、原油価格関連で売上高が減少したことに加え、「その他」に分類される事業が主に為替の影響から同8%減の67億ユーロ(約8241億円)となった。営業利益(EBIT)は同18%減の62億ユーロ、純利益は同23%減の40億ユーロ(約4920億円)だった。

BASFのDr.クルト・ボック会長は、「この1年、世界経済の成長は大幅に鈍化した。こうした経済環境のなか、私たちは在庫を大幅に減らし、コスト管理を強化し、ポートフォリオの簡素化など、断固とした措置を取った」と述べた。

また2016年の業績見通しについては、「2016年は、原材料市場、株式市場で大荒れのスタートとなり、今年の見通しに多くの不安材料があることを示している。当社は静かな滑り出しだが、これは主に中国における販売量の増加が弱いため。しかし、2016年は2015年とほぼ同じ水準で世界経済は成長するだろうと私たちは予測している」と述べている。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. ヤマト運輸、問い合わせにAIが自動で対応…LINE公式アカウントに機能追加

    ヤマト運輸、問い合わせにAIが自動で対応…LINE公式アカウントに機能追加

  2. 撤退が決定したフォードディーラーの今…フォード神奈川港北ニュータウン店を訪ねる

    撤退が決定したフォードディーラーの今…フォード神奈川港北ニュータウン店を訪ねる

  3. キャンピングカーの売上、過去最高の357億円…2015年 日本RV協会調べ

    キャンピングカーの売上、過去最高の357億円…2015年 日本RV協会調べ

  4. 富士重、「SUBARU」への社名変更を株主総会で決議

  5. 【川崎大輔の流通大陸】「メイドインジャパンは必要ない」タイで生きる日系ブランド

  6. タカタ製エアバッグが異常破裂か、ホンダ車で新たな死者…マレーシア

  7. タントや京阪電車、信号機…さまざまな工業デザインの世界を紹介するイベントが開催

  8. 日産、韓国環境省を提訴…行政処分取り消し求める

  9. アウトモビリ・ランボルギーニ、イタリア本社のミュージアムをリニューアル

  10. イード、日本自動車ユーザー研究所を設立…環境 安全 テレマティクス を主軸に調査・研究

アクセスランキングをもっと見る