【F1】トロ・ロッソ、2016年カラーリングを公開…今季はフェラーリPUを使用

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

2016年カラーリングで登場した「STR11」
  • 2016年カラーリングで登場した「STR11」
  • 2016年カラーリングで登場した「STR11」
  • 2016年カラーリングで登場した「STR11」
  • 2016年カラーリングで登場した「STR11」
  • 2016年カラーリングで登場した「STR11」
  • 2016年カラーリングで登場した「STR11」
  • 2016年カラーリングで登場した「STR11」
  • 2016年カラーリングで登場した「STR11」
F1世界選手権に参戦するスクーデリア・トロ・ロッソは3月1日、2016年型マシン「STR11」の正式カラーリングを発表した。

すでにトロ・ロッソは今季型のマシンを先月22日から始まった第1回目の合同テストでスポンサーロゴ等が一切入っていない「テストカラー」で参加していたが、今回はカラーリングが施された状態で、2回目のテストを前にカタロニア・サーキットのピットレーン上でアンベールのセレモニーが行われた。

基本的には昨年と同じカラーリングだが、スポンサー等の変更により昨年は赤色だったリアウイングが変わっているため、全体的にはレッドブル同様に紺色がベースとなったデザインになっている。

ドライバーは今年もマックス・フェルスタッペンとカルロス・サインツJrの若手コンビ。ただパワーユニットはルノーから(2015スペックの)フェラーリ製に変更となる。ただチーム代表のフランツ・トストは再びフェラーリと仕事ができることを楽しみにしている様子で「(フェラーリ本拠地の)マラネロのみんなと、また仕事ができるのが楽しみだよ。今年再びフェラーリのパワーを手に入れられて喜んでいる」とコメントした。

早速、このカラーリングで1日~4日まで開催される第2回合同テストに参加する予定。初日と3日目をフェルスタッペンが担当し、サインツJrが2日目と4日目をドライブ予定だ。
《吉田 知弘》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モータースポーツ/エンタメ アクセスランキング

  1. スバル 360、「てんとう虫」が機械遺産に認定

    スバル 360、「てんとう虫」が機械遺産に認定

  2. 怪物780馬力、ヒルクライム最速のスバル インプレッサ[動画]

    怪物780馬力、ヒルクライム最速のスバル インプレッサ[動画]

  3. フェラーリ 1/24モデル×全60号…デアゴスティーニから

    フェラーリ 1/24モデル×全60号…デアゴスティーニから

  4. 曙ブレーキ、国立科学博物館の企画展「日本の先端科学技術の紹介」に出展

  5. 【新聞ウォッチ】「ポケモンGO」止まない運転中の衝突事故、道交法違反…任天堂株はストップ安

  6. トヨタが悲願の初優勝…都市対抗野球

  7. 【鈴鹿8耐】ヤマハがメディアカンファレンスを開催、各ライダーが連覇に向け意気込み語る

  8. 【グッドウッド16】780馬力 インプレッサ がヒルクライム最速、マクラーレンP1 超えた

  9. コルベットのレーシングカー、通算100勝…17年で達成

  10. レクサスの2017年SUPER GTレーサー、新型クーペ LC がベースか

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら