日本特殊陶業、スパークプラグ用部品の新工場を本格稼働…年10億個生産体制へ

自動車 ビジネス 企業動向

小牧市に開設した新工場
  • 小牧市に開設した新工場
  • 竣工式の様子
日本特殊陶業は、愛知県小牧市でスパークプラグ用部品工場が完成、竣工式を実施した。3月から操業開始する。

同社は、主力製品スパークプラグ事業で2020年に年10億個の生産体制構築を目指して各拠点の生産能力の増強と、新工場立ち上げを進めている。今回竣工した新工場は、製造子会社の日特スパークテックWKSの新工場としてスパークプラグの中心電極、端子などの部品を製造する。

竣工式で同社の尾堂真一社長は「これまで日特グループの屋台骨となってきたスパークプラグ事業をさらに進化させていく上で、新工場が果たす役割は非常に大きなものになる」と述べた。

新工場は日特スパークテックWKSの本社工場として運営する。これによって日特スパークテックWKS全体の生産能力を、2020年までに現状能力から約30%増やす計画。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. トミカ、初の充電式自動走行モデルを発売

    トミカ、初の充電式自動走行モデルを発売

  2. 三菱自 池谷副社長、「7月の軽自動車受注は前年の2倍近くに」

    三菱自 池谷副社長、「7月の軽自動車受注は前年の2倍近くに」

  3. 日産、下げ止まらない国内販売シェア 第1四半期決算

    日産、下げ止まらない国内販売シェア 第1四半期決算

  4. アルパイン、最終赤字20億円…通期も下方修正 第1四半期決算

  5. BMWの世界販売、メルセデスとアウディを抑える 6月

  6. スズキ、インドの小型商用車セグメントに初参入…スーパーキャリイ を発売

  7. 【メルセデスベンツ Eクラス 新型】Amazonと協力してレンタルキャンペーン

  8. 三菱ふそう、バス床下の腐食点検を呼びかけ…重大事故のおそれ

  9. 日立建機、大幅減益…グローバルでの建設機械需要低迷と為替差損 4-6月期決算

  10. 日産自動車、4年ぶりの減益…売上台数増も円高で 第1四半期決算

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら