【ジュネーブモーターショー16】ボルボ V40 クロスカントリー に2017年型、SUV版も改良

自動車 ニューモデル 新型車

ボルボ V40 クロスカントリー の2017年型
  • ボルボ V40 クロスカントリー の2017年型
  • ボルボ V40 クロスカントリー の2017年型
スウェーデンのボルボカーズは2月24日、『V40クロスカントリー』の2017年モデルの概要を明らかにした。実車は3月1日、スイスで開幕するジュネーブモーターショー16で初公開される。

ボルボカーズは2012年春、ジュネーブモーターショー12において、新型『V40』を発表。8年ぶりの復活となった新型V40は初代のステーションワゴンから、5ドアハッチバックにボディタイプを変更。BMW『1シリーズ』やアウディ『A3スポーツバック』、メルセデスベンツ『Aクラス』など、プレミアムコンパクトカー市場に参入し、成功を収めた。

2012年秋、パリモーターショー12では、V40クロスカントリーが登場。ボルボカーズは、『V70』に「XC」(旧「クロスカントリー」)を用意。ステーションワゴン派生のクロスオーバー車を提案しているが、ボルボの入門車のV40にも、クロスカントリーを拡大展開した。

この現行V40クロスカントリーが、デビューから3年半を経て、ジュネーブモーターショー16では初の大幅改良を受けて、2017年モデルに進化。その内容は、同時に発表されたV40の2017年モデルに準じ、フロントを中心にフェイスリフト。ヘッドライトは、『XC90』や『S90』、『V90』の最新「90シリーズ」と共通イメージに変更。バンパーのグリルも、メッシュの新デザインとした。

室内は、ダッシュボードなどのトリムパネルに、ミルドアルミ、ブラックグリッドアルミ、ステルスアルミを新設定。ドアのアクセントトリムには、ステッチがあしらわれる。引き続きV40に対して、車高をアップ。専用デザインのバンパーやアルミ製のアンダーガード、アルミホイールを装着して、逞しさを表現している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【ホンダ NSX 新型】日本車最高値の2370万円、ポルシェ 911ターボ も超えた

    【ホンダ NSX 新型】日本車最高値の2370万円、ポルシェ 911ターボ も超えた

  2. フォルクスワーゲン CC 後継車、画像がリーク…4ドアクーペ健在

    フォルクスワーゲン CC 後継車、画像がリーク…4ドアクーペ健在

  3. 【ホンダ NSX 新型】展示は販売店以外で…羽田空港、表参道ヒルズはじめ、名古屋、大阪でイベント

    【ホンダ NSX 新型】展示は販売店以外で…羽田空港、表参道ヒルズはじめ、名古屋、大阪でイベント

  4. ランドローバー ディスカバリースポーツ、2017年モデルの受注開始

  5. 【ホンダ NSX 新型】開発責任者クラウス氏「競合車はない。これははっきりしている」

  6. 【ホンダ NSX 新型】八郷社長「車がただの道具になってもらっては困る」

  7. MINIセブン 発売、原点「オースチン・セブン」を彷彿

  8. 日産 GT-R NISMO、2017年モデル発売…空力性能を向上 1870万0200円

  9. 【レヴォーグ STIスポーツ】上質な内装と疲れないクルマを求めてドアポケットにまでこだわり

  10. 【ホンダ NSX 新型】国内販売価格は2370万円、2017年2月27日より発売

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら