ANA輸送実績、欧州路線が回復で国際線の利用者数19.7%増…1月

航空 企業動向

全日本空輸(ANA)は、1月の輸送実績を発表した。

国際線の旅客人数は前年同月比19.7%増の69万2933人と大幅に増加した。方面別では、アジア方面が同21.1%増の47万8880人と好調だった。

北米/ホノルル方面も同21.0%増の15万9971人だった。フランスなどのテロ影響で落ち込んだヨーロッパ方面は同5.7%増の5万4082人と回復した。国際線の利用率は71.7%。

国内線の旅客人数は同2.1%減の292万7429人となり、4カ月連続マイナスとなった。東京=札幌、東京=福岡などの幹線は前年を上回ったが地方路線が苦戦した。利用率は60.9%だった。

貨物・郵便実績は、国際線貨物が同2.1%増の5万6842トン、国際線郵便が同0.3%減の2746トン。国内線貨物が同0.5%減の3万5255トン、国内線郵便が同0.4%減の2723トンだった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

航空 アクセスランキング

  1. JAL、整備場でプロジェクションマッピングを実施…「TED×Haneda2016」を支援

    JAL、整備場でプロジェクションマッピングを実施…「TED×Haneda2016」を支援

  2. 熊本城修復にドローン活用…国土地理院ランドバードで石垣を撮影

    熊本城修復にドローン活用…国土地理院ランドバードで石垣を撮影

  3. 東レ、炭素繊維トレカを使用したプリプレグをエアバス機に初供給…A380に採用

    東レ、炭素繊維トレカを使用したプリプレグをエアバス機に初供給…A380に採用

  4. JAL、「九州ふっこう割」を導入…航空券と宿泊を最大3万円割引

  5. 山形大学など、ドローンを利用した農業管理システムを開発

  6. テロ被害のブリュッセル空港、閉鎖期間を27日まで延長…運用再開の時期は未定

  7. ボーイング、サプライヤー・オブ・ザ・イヤーを選出…日本からはナブテスコとジャムコが受賞

  8. 三菱航空機「MRJ」、疲労強度試験機による試験を開始

  9. エミレーツ航空、ドバイ=オークランド直行便にA380投入へ…10月30日から

  10. 三菱航空機 MRJ、米国での飛行試験に向け7月以降に出発

アクセスランキングをもっと見る