人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

ANA輸送実績、欧州路線が回復で国際線の利用者数19.7%増…1月

航空 企業動向

全日本空輸(ANA)は、1月の輸送実績を発表した。

国際線の旅客人数は前年同月比19.7%増の69万2933人と大幅に増加した。方面別では、アジア方面が同21.1%増の47万8880人と好調だった。

北米/ホノルル方面も同21.0%増の15万9971人だった。フランスなどのテロ影響で落ち込んだヨーロッパ方面は同5.7%増の5万4082人と回復した。国際線の利用率は71.7%。

国内線の旅客人数は同2.1%減の292万7429人となり、4カ月連続マイナスとなった。東京=札幌、東京=福岡などの幹線は前年を上回ったが地方路線が苦戦した。利用率は60.9%だった。

貨物・郵便実績は、国際線貨物が同2.1%増の5万6842トン、国際線郵便が同0.3%減の2746トン。国内線貨物が同0.5%減の3万5255トン、国内線郵便が同0.4%減の2723トンだった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

航空 アクセスランキング

  1. 【レッドブル・エアレース 第5戦】室屋義秀、パイロンヒットでファイナル4進出ならず

    【レッドブル・エアレース 第5戦】室屋義秀、パイロンヒットでファイナル4進出ならず

  2. 三菱航空機 MRJ、試験飛行領域を設計スペックまで拡大…マッハ0.78

    三菱航空機 MRJ、試験飛行領域を設計スペックまで拡大…マッハ0.78

  3. タイガーエア・オーストラリア、メルボルン=キャンベラ線を開設 12月8日

    タイガーエア・オーストラリア、メルボルン=キャンベラ線を開設 12月8日

  4. リオ五輪選手団や都知事を乗せたJAL・ANA機、羽田着…吉田沙保里は“スタボー側”から

  5. 2020東京五輪に向け、3棟のホテル…羽田空港第2ゾーン開発[フォトレポート]

  6. ANA、ボーイング787機の整備で欠航が発生 9月26日から

  7. アシアナ航空、日本・東南アジア路線の一部を運休へ…傘下LCCが運航引き継ぎ

  8. TAPポルトガル航空、リスボン=ビサウ線を再開 12月1日から

  9. ピーチ、乗客からの問い合わせに人工知能が対応

  10. 三菱航空機 MRJ、米国での飛行試験に向け7月以降に出発

アクセスランキングをもっと見る