TAPポルトガル航空、モロッコ3路線を増便へ…タンジェ線は6月からデイリー運航

航空 企業動向

TAPポルトガル航空は2月24日、モロッコ路線(タンジェ、カサブランカ、マラケシュ線)の増便を発表した。

タンジェはモロッコ北部の都市で、大西洋と地中海が合流するジブラルタル海峡に面している。TAPは、現在週3往復で運航中のリスボン=タンジェ線について、6月から1日1往復に増便する。機材はATR72新造機で、より多くの旅客を輸送できる。

リスボン=カサブランカ線は1日1往復から1日2往復、リスボン=マラケシュ線は週4往復から1日1往復に増便となる予定。モロッコ3路線の増便により、TAPのポルトガルとモロッコを結ぶ路線の提供座席数は96%増える。
《日下部みずき》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品