【旭川バイクフェスタ2016】冬だからこそ熱い…北の大地のライダーたちが集結

モーターサイクル エンタメ・イベント

今回で6回目となる旭川バイクフェスタは、2月28日まで開催
  • 今回で6回目となる旭川バイクフェスタは、2月28日まで開催
  • 今回で6回目となる旭川バイクフェスタは、2月28日まで開催
  • 今回で6回目となる旭川バイクフェスタは、2月28日まで開催
  • 今回で6回目となる旭川バイクフェスタは、2月28日まで開催
  • 今回で6回目となる旭川バイクフェスタは、2月28日まで開催
  • 今回で6回目となる旭川バイクフェスタは、2月28日まで開催
  • 今回で6回目となる旭川バイクフェスタは、2月28日まで開催
  • 今回で6回目となる旭川バイクフェスタは、2月28日まで開催
北の国のライダーたちが楽しみにしている毎年恒例のバイクイベント「旭川バイクフェスタ2016」が、2月28日まで開催されている。

会場は道の駅あさひかわに併設の旭川地場産業振興センターで、入場料は500円。ハーレーダビッドソンやBMW Motorrad、ドゥカティ、トライアンフ、KTMといったインポートブランドをはじめ、ホンダ、ヤマハ、カワサキ、スズキの国産バイクまで一堂に勢揃い。さらにタイヤメーカーやトヨタ自動車販売店、革小物や工具、バイク用品、腕時計など、様々な企業が出展している。

また地元出身の8耐レーサー、武石伸也氏もゲストとして参加。外は雪が積もる中、熱い思いの道産子ライダーたちが各メーカーの新モデルなどを見るためにたくさん集まっていて、土曜日から大盛況だ。

旭川バイクフェスタ実行委員会委員長の八倉巻氏はこう言う。

「走れない冬のこの時期にたくさんのライダーが集まってくれて嬉しいです。道央、道北の2輪販売店が集まって始めたこのイベントも今回で6回目。冬でもライダーの熱い思いに応えられるようにみんなで協力して開催しています。ぜひ遊びに来てください」

夏には屋外でライダーが集まれるイベントも計画中。北の大地の熱いライダーに負けないくらいの熱い思いで、運営サイド、出展スタッフらが盛り上げている。
《青木タカオ》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モーターサイクル アクセスランキング

  1. バイク王、初心者・リターンライダー向けライディングスクールを開催

    バイク王、初心者・リターンライダー向けライディングスクールを開催

  2. 【人とくるまのテクノロジー16】ヤマハ、日本未発表の欧州向け最高峰モデル MT-10 を展示…跨りOK

    【人とくるまのテクノロジー16】ヤマハ、日本未発表の欧州向け最高峰モデル MT-10 を展示…跨りOK

  3. 軽二輪中古車販売、3.7%減の1万9076台で4か月連続マイナス…4月

    軽二輪中古車販売、3.7%減の1万9076台で4か月連続マイナス…4月

  4. ヤマハ発動機、三輪コミューター第2弾 トリシティ155 を発売

  5. ゴールデンボンバー、ホンダの原付イメージキャラ続投

  6. 【ミラノショー15】“キング”の名にかけ新開発 スズキ GSX-R1000…MotoGP直系の電子デバイスも

  7. 【東京モーターショー15】スズキ、原付クロスバイク「フィール フリー ゴー!」を世界初公開

  8. ハーレーダビッドソンジャパン、三輪オートバイを日本導入…400万4000円から

  9. ヤマハ、125ccスクーター NMAX 発売…BLUE COREエンジンを国内初投入

  10. 二輪車向け世界初「サイドビューアシスト」、初めての搭載はマキシ・スクーターから...ボッシュ

アクセスランキングをもっと見る