スバル富士重、世界生産0.4%増の7万5744台で3か月連続プラス…1月実績

自動車 ビジネス 海外マーケット

スバル フォレスター(2016年北米仕様)
  • スバル フォレスター(2016年北米仕様)
  • スバル XV
富士重工業が発表した2016年1月の生産・国内販売・輸出実績によると、世界生産は前年同月比0.4%増の7万5744台、1月としては過去最高の記録で3か月連続のプラスとなった。

国内生産は、『レガシィ/アウトバック』の減少を『インプレッサ/XV』『フォレスター』などがカバーして、同0.1%増の5万6275台で2か月ぶりのプラス。海外生産は、北米で『レガシィ/アウトバック』の好調が続き、同1.3%増の1万9469台で3か月連続のプラス。いずれも1月としては過去最高の生産台数を記録した。

国内販売は前年同月より2台少ない1万3858台 で、2か月連続のマイナス。登録車は、大幅改良した『フォレスター』が大きく伸び、前年同月比2.6%増の1万1089台で2か月ぶりのプラス。軽自動車は『ステラ』のフルモデルチェンジから1年経過したことなどにより、同9.4%減の2769台で、5か月連続のマイナスとなった。

輸出は、同11.9%減の3万4629台で、3か月ぶりのマイナス。海外販売は北米、欧州、豪州を中心に引き続き好調に推移しているが、輸出船の出港スケジュールなど一時的な要因により、前年割れとなった。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 【メルセデスベンツ Eクラス 新型】Amazonと協力してレンタルキャンペーン

    【メルセデスベンツ Eクラス 新型】Amazonと協力してレンタルキャンペーン

  2. 三菱自動車の第1四半期決算…最終赤字1297億円、燃費データ不正問題が影響

    三菱自動車の第1四半期決算…最終赤字1297億円、燃費データ不正問題が影響

  3. トミカ、初の充電式自動走行モデルを発売

    トミカ、初の充電式自動走行モデルを発売

  4. 日産 星野専務「7月の国内受注は非常に好調だった」

  5. 【リコール】日野プロフィア など1万7000台、走行不能になるおそれ

  6. データシステム、車種別サイドカメラキットに新型プリウス用を追加

  7. レギュラーガソリン、前週比0.5円安の122.2円…4週連続の値下がり

  8. 日産、通期利益予想は据え置き…営業利益9%減 第1四半期決算

  9. 日産の第1四半期決算、円高で4期ぶりの営業減益も「対応力はついている」

  10. 三菱ふそう、バス床下の腐食点検を呼びかけ…重大事故のおそれ

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら