【SUPER GT】日産が今季参戦体制を発表…GT500クラスは松田次生&クインタレッリら精鋭4騎

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

日産/NISMOの今季体制が明らかに(発表会は28日に実施される)。
  • 日産/NISMOの今季体制が明らかに(発表会は28日に実施される)。
  • 昨年はニスモチームがGT500を連覇した。
  • 後列左から松田、クインタレッリ、安田、オリベイラ。前列左からニスモの宮谷社長、柿元・前日産系チーム総監督、ニスモの鈴木豊監督、IMPULの星野一義監督(写真は昨年の発表会)。
  • #24 KONDOレーシングのGT-R。
  • #12 IMPULチームのGT-R。
  • GT500クラス3連覇が日産勢のターゲットだ(#1 NISMOチーム)。
  • GT300クラスにもGT3仕様のGT-Rが複数参戦する。
  • 今年も2月28日に日産は横浜グローバル本社で今季のモータースポーツ活動発表会を実施する(写真は昨年の発表会)。
26日、日産/NISMOが今季モータースポーツプログラムの概要をリリースにて発表した。SUPER GTシリーズでは、3連覇を目指すGT500クラスに今季も4台の『Nissan GT-R NISMO GT500』が参戦する。

14年にGT500クラスが現行の車両規定に移行してから、日産は2年連続で同クラスのドライバー&チーム両タイトルを独占中。今季もこれまでと同様の4チームが4台のGT-Rを走らせ、2冠連覇のNISMOチーム(松田次生&R.クインタレッリ)を中心に日産勢のなかでも切磋琢磨しながらシーズンを戦うことになる。

■2016年 日産 GT500クラス参戦陣容
#1 松田次生&R.クインタレッリ(NISMO/MI)
#12 安田裕信&J-P.デ・オリベイラ(IMPUL/BS)
#24 佐々木大樹&柳田真孝(KONDO/YH)
#46 本山哲&千代勝正(MOLA/MI)
(*カッコ内はチーム/タイヤ。MI=ミシュラン、BS=ブリヂストン、YH=ヨコハマ)

昨年、最後まで王座を争った#1 NISMOと#12 IMPULはコンビ不動。昨年まで本山とともに#46 MOLAで走っていた柳田が今季は近藤真彦監督率いる#24 KONDOに移って佐々木と組み、空いたMOLAには昨年GT300クラスや欧州のブランパン耐久シリーズで活躍した千代が昇格するかたちとなっている。

SUPER GTといえば、世界的にタイヤワンメイク化が進むなか、高次元のタイヤ戦争が長く続いていることも魅力のひとつ。なかでも日産のGT500勢は4チームで3つのタイヤ銘柄という“タイヤ戦争内包状態”が特徴で、その布陣は今年も保持された。ライバルのレクサスRC F勢が今季も6台中5台がBSという布陣を敷いているのとは対照的だが、結果ベースでみる限り、近年は日産勢に一日の長あり。マシン的にもGT-Rが優位を築いたまま2シーズンを過ごしてきたのは事実であり、今季もそれが維持されるのかどうか、楽しみなところである。

なお、今季は柿元邦彦氏が12年間務めてきた日産系チーム総監督から退任、同職にはニスモの常務執行役員である田中利和氏が就任する旨も発表されている。

GT300クラスでも昨年はGAINERチームの『Nissan GT-R NISMO GT3』がドライバー&チームの2冠を獲得(ドライバー王者はアンドレ・クート)しているが、今季も同チーム(タイヤはダンロップ)を含め、複数のチームがGT-Rで同クラスに参戦。#3 B-MAX NDDP GT-Rは、星野一樹&ヤン・マーデンボローのコンビで参戦する(タイヤはYH)。

日産/NISMOは今年も横浜のグローバル本社ギャラリーで28日に体制発表会を開催。そこでドライバーやチーム首脳が一堂に会し、今季への抱負等が語られることになる。
《遠藤俊幸》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モータースポーツ/エンタメ アクセスランキング

  1. 【ニュル24時間 2016】メルセデス AMG GT3、1‐4位を独占

    【ニュル24時間 2016】メルセデス AMG GT3、1‐4位を独占

  2. 【ロードスター 軽井沢ミーティング16】「MX-5 RF」日本初披露と3つの栄冠報告…過去最高参加者で盛り上がる

    【ロードスター 軽井沢ミーティング16】「MX-5 RF」日本初披露と3つの栄冠報告…過去最高参加者で盛り上がる

  3. 【ニュル24時間 2016】昨年の覇者、アウディ R8 は8位…「結果に失望」

    【ニュル24時間 2016】昨年の覇者、アウディ R8 は8位…「結果に失望」

  4. 【第100回 INDY500】新人ロッシ優勝…ホンダ勢の今季シリーズ戦初勝利が最大舞台で実現

  5. 【ニュル24時間 2016】日産 GT-R、総合11位…日本車で最上位

  6. 【ニュル24時間 2016】スバル WRX STI、クラス2連覇を達成

  7. 【スーパー耐久 第3戦】新型シビック タイプR、マーシャルカーとして登場

  8. 【ニュル24時間 2016】初参戦のレクサスRC F、総合24位

  9. 【ニュル24時間2016】最終ラップで劇的な逆転、ブラックファルコンのメルセデスAMGが優勝

  10. 【新聞ウォッチ】マツダ、ハンドルのふらつきを自動調整する新技術に注目

アクセスランキングをもっと見る