【ジュネーブモーターショー16】ロールスロイス ファントム に限定50台の最終仕様

自動車 ニューモデル 新型車

ロールスロイス ファントムのゼニスコレクションの予告スケッチ
  • ロールスロイス ファントムのゼニスコレクションの予告スケッチ
英国の高級車メーカー、ロールスロイスモーターカーズ(以下、ロールスロイス)は2月23日、『ファントム』の「ゼニスコレクション」を3月、スイスで開催されるジュネーブモーターショー16で初公開すると発表した。

同車は、2016年内に生産を終える最上級車、ファントムの最終モデル。現行ファントムは2003年に発表。1998年、BMWグループの傘下に入ったロールスロイスが、初めて開発した新型車が現行ファントムだった。2012年春、ジュネーブモーターショー12では、「シリーズ2」に進化。内外装を中心に、改良を受けた。

ファントムの2ドアの「ドロップヘッドクーペ」(オープン版)および「クーペ」は、2016年11月で生産を終了する予定。これに続いて、ファントムのサルーンの生産を、年内に終える計画。

なお、ゼニスコレクションは、ファントムのドロップヘッドクーペとクーペに、限定50台を設定。ロールスロイスによると、ドロップヘッドクーペとクーペに関しては後継車が存在せず、この50台が最終モデルになるという。

ロールスロイスは、ゼニスコレクションの予告スケッチを配信。同社は、「フードマスコットのSpirit of Ecstasyをはじめ、ダッシュボードのダイヤルスイッチなどが特別な仕上げになる」と説明している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【トヨタ プリウスPHV 新型】EV走行60kmで犠牲になったもの

    【トヨタ プリウスPHV 新型】EV走行60kmで犠牲になったもの

  2. 【レヴォーグ STIスポーツ】“一発屋”では終わらない

    【レヴォーグ STIスポーツ】“一発屋”では終わらない

  3. ブガッティの ビジョンGT、ガス欠…ゲームではない[動画]

    ブガッティの ビジョンGT、ガス欠…ゲームではない[動画]

  4. VW ゴルフ 改良新型、画像がリーク

  5. 【トヨタ プリウスPHV 新型】開発責任者「現行モデルの不満点をすべて直した」

  6. 【スカニア 新型発表】サステイナブルな未来へ進化する大型トラック

  7. トヨタ、新型 プリウスPHV の国内発売を今冬へ延期

  8. 【ペブルビーチ 16】KEN OKUYAMAの「kode57」…独自のデザイン哲学を表現

  9. 【レヴォーグ STIスポーツ】上質な内装と疲れないクルマを求めてドアポケットにまでこだわり

  10. 【レヴォーグ STIスポーツ】発売1か月で3000台超え、購入者の6割は40~50代

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら