【ジュネーブモーターショー16】ロールスロイス ファントム に限定50台の最終仕様 | レスポンス(Response.jp)

【ジュネーブモーターショー16】ロールスロイス ファントム に限定50台の最終仕様

自動車 ニューモデル 新型車

ロールスロイス ファントムのゼニスコレクションの予告スケッチ
  • ロールスロイス ファントムのゼニスコレクションの予告スケッチ
英国の高級車メーカー、ロールスロイスモーターカーズ(以下、ロールスロイス)は2月23日、『ファントム』の「ゼニスコレクション」を3月、スイスで開催されるジュネーブモーターショー16で初公開すると発表した。

同車は、2016年内に生産を終える最上級車、ファントムの最終モデル。現行ファントムは2003年に発表。1998年、BMWグループの傘下に入ったロールスロイスが、初めて開発した新型車が現行ファントムだった。2012年春、ジュネーブモーターショー12では、「シリーズ2」に進化。内外装を中心に、改良を受けた。

ファントムの2ドアの「ドロップヘッドクーペ」(オープン版)および「クーペ」は、2016年11月で生産を終了する予定。これに続いて、ファントムのサルーンの生産を、年内に終える計画。

なお、ゼニスコレクションは、ファントムのドロップヘッドクーペとクーペに、限定50台を設定。ロールスロイスによると、ドロップヘッドクーペとクーペに関しては後継車が存在せず、この50台が最終モデルになるという。

ロールスロイスは、ゼニスコレクションの予告スケッチを配信。同社は、「フードマスコットのSpirit of Ecstasyをはじめ、ダッシュボードのダイヤルスイッチなどが特別な仕上げになる」と説明している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品