人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

トヨタファイナンス、IBMのマーケティングプラットフォームを採用

自動車 ビジネス 企業動向

日本IBMは、トヨタファイナンスが新たなマーケティング基盤として、個々の顧客にパーソナライズ化した情報提供を支援する、オムニチャネル・マーケティングプラットフォーム「IBMキャンペーン」を採用したと発表した。

また、日本IBMの「グローバル・ビジネス・サービス」が国内外の金融業界に対する取り組みで培った実績をもとに、新マーケティング基盤の構築に必要な技術支援を行う。

トヨタファイナンスは、トヨタ車の販売・購入のサポート、ライフスタイルにあわせた金融商品・サービスの提供、主にトヨタグループ各社の法人向け金融サービス提供など、多角的な事業を展開している。

TSキュービックカードを始め、約10種のクレジットカードを運営しているが、これらカード・ホルダーに対してよりパーソナライズされた対応を提供するため、「IBMキャンペーン」を採用した。

トヨタファイナンスは、新マーケティング基盤の構築により、マーケティング・キャンペーンの準備・実行にかかる作業負荷の低減を図る。また、新しいキャンペーンの企画や設計に注力するのに加え、キャンペーン効果の迅速な測定と、その結果に基づくPDCAサイクルへの適用で、キャンペーン管理の最適化を支援する。

今後、新システムを活用して、個々の顧客のプロファイルや取引状況などに適した情報を適切なタイミングで提供していく。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 【メルセデスベンツ Eクラス 新型】Amazonと協力してレンタルキャンペーン

    【メルセデスベンツ Eクラス 新型】Amazonと協力してレンタルキャンペーン

  2. 三菱自動車の第1四半期決算…最終赤字1297億円、燃費データ不正問題が影響

    三菱自動車の第1四半期決算…最終赤字1297億円、燃費データ不正問題が影響

  3. トミカ、初の充電式自動走行モデルを発売

    トミカ、初の充電式自動走行モデルを発売

  4. 日産 星野専務「7月の国内受注は非常に好調だった」

  5. 【リコール】日野プロフィア など1万7000台、走行不能になるおそれ

  6. データシステム、車種別サイドカメラキットに新型プリウス用を追加

  7. レギュラーガソリン、前週比0.5円安の122.2円…4週連続の値下がり

  8. 日産、通期利益予想は据え置き…営業利益9%減 第1四半期決算

  9. 日産の第1四半期決算、円高で4期ぶりの営業減益も「対応力はついている」

  10. 三菱ふそう、バス床下の腐食点検を呼びかけ…重大事故のおそれ

アクセスランキングをもっと見る