【IIHS衝突安全】アウディ Q7 新型、トップセーフティピック+に

自動車 ニューモデル 新型車

新型アウディ Q7
  • 新型アウディ Q7
  • 新型アウディ Q7
  • アウディ Q7 新型
アウディの米国法人、アウディオブアメリカは2月25日、米国IIHS(道路安全保険協会)の安全性評価において、新型『Q7』が最高評価の「2016トップセーフティピック+」に指定された、と発表した。

IIHSの「トップセーフティピック」の指定を受けるには、前面衝突、側面衝突、追突想定、スモールオーバーラップ衝突、ロールオーバー(車両転覆)の各耐衝撃性能試験の全てで、最高の「GOOD」評価となるのが条件。また、前面衝突予防評価で、「ベーシック」を獲得することも求められる。

さらに上の「トップセーフティピック+」と認定されるには、トップセーフティピックの耐衝撃性能試験での最高評価とともに、前面衝突予防評価において3段階評価で2番目の「アドバンスド」、最高評価の「スーペリア」のいずれかが必要となる。

新型Q7は、スモールオーバーラップを含めた全ての衝突テストで、最高のGOOD評価。前面衝突予防評価においても、最高のスーペリアと認定。IIHSから、トップセーフティピック+に指定された。

アウディオブアメリカのスコット・キオケオグ社長は、「新型Q7は、将来の自動運転を形成する現在の多くの先進ドライバー支援システムにおいて、アウディが主導的地位にあることを示した」とコメントしている。
《森脇稔》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品