ZF、フロントとリアアクスルステアリングを統合した試作車を公開

自動車 ビジネス 企業動向

ZFプロトタイプAKC EPSシステムスマート・コネクション
  • ZFプロトタイプAKC EPSシステムスマート・コネクション
  • ZFプロトタイプAKC EPSシステムスマート・コネクション
  • AKCの機能AKCのコンセプト
  • ZF AKC セントラル・アクチュエータセントラル・アクチュエータ1基タイプのAKCシステムは、リア・アクスル中央部に電気機械制御式トラック・アクチュエータを配置
ZFは、デュアルピニオンEPS(電動パワーステアリング)とAKC(アクティブ・キネマティクス・コントロール)後輪操舵を統合した「ZFプロトタイプAKC EPSシステムスマート・コネクション」を公開した。

プロトタイプ車両は電子連動制御ユニットを用いて、AKC後輪操舵システムを高効率なデュアルピニオンEPSに連携。路面が滑りやすい状況でも、車線変更や追い越し時に正しい走路を維持するなど、走行時の安全性を高めている。

ZFでは、AKCと電動パワーステアリングの連携効果を各種の走行条件で実証するため、プロトタイプではAKCのオン・オフが独立で切り替えられるよう設計。低速走行時にはAKCによって後輪が前輪と反対方向に操舵され、車体の回転半径を縮小。高速走行時には前輪と後輪が同じ方向に操舵され、安定性が改善される。

プロトタイプ車両では、新開発のリアアクスルに入れ替え、ベースアクスルにセミトレーリングアーム式のモジュラーリアサスペンションの改良版を搭載。この構成の一部として、下部コントロールアームにアウトボード装着されていた後輪操舵点を一体型リンクに交換し、さらにトーリンクを追加した。このトーリンクによってホイールハブのアライメントが決まり、トーイン角度を正確に調整できる。

さらにZFは、プロトタイプ車両のセンターコンソールに制御ユニットを追加装備。フロントおよびリア・アクスル部の操舵システムを完全に電子制御し、AKCと電動パワーステアリングの組み合わせは、半自動や全自動運転にも活用可能であることを実証してみせた。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 4トン6輪車が浮いた! カーシェアのエニカが G63 AMG 6×6 の試乗会を開催

    4トン6輪車が浮いた! カーシェアのエニカが G63 AMG 6×6 の試乗会を開催

  2. トヨタ、国内シェアが3か月ぶりの5割超え 7月実績

    トヨタ、国内シェアが3か月ぶりの5割超え 7月実績

  3. 車中泊での一酸化炭素中毒から身を守る…ドッペルギャンガー、CO計測器を発売

    車中泊での一酸化炭素中毒から身を守る…ドッペルギャンガー、CO計測器を発売

  4. スズキ、登録車好調も軽自動車販売は19か月連続のマイナス 7月実績

  5. クサくないタクシー「ファブタク」発進!…日本交通とファブリーズがコラボ

  6. 三菱自動車、国内販売4か月連続2ケタ減…eK販売再開も登録車が半減 7月実績

  7. ホンダの総生産台数、14か月ぶりのマイナス…4.3%減の37万2472台 7月実績

  8. ダイハツ、国内販売10.7%増の4万7897台 7月実績

  9. 日産の発信拠点、銀座にオープンへ…NISSAN CROSSING

  10. ジープ ラングラー 次期型、ボディパネルは自社製に…新工場で生産

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら