デルタ航空、昼間時間帯の羽田=米国線発着枠割当「非常に残念」…路線縮小を検討

航空 企業動向

デルタ航空
  • デルタ航空
デルタ航空は、日米航空交渉で羽田空港の米国線の昼間時間帯に発着枠を設定することで合意したことについて「非常に残念に思う」と、ピーター・カーター執行副社長兼最高法務責任者のコメントを発表した。

デルタ航空は、成田空港を日本=米国線のハブ空港と位置づけて路線を拡張してきた。今回の日米航空交渉では、羽田空港の昼間時間帯で日米双方の航空会社が1日5便づつ、深夜早朝時間帯に双方が1日1便づつの合計1日12便の羽田=米国線が運航されることで合意。他社との競争激化が予想されるため、羽田の米国線解放についてデルタ航空は否定的な立場を取っていた。

カーター執行副社長は「羽田空港では引き続き競争が制限され、厳しく規制された空港となると思われる。デルタ航空の事業が影響を受けることは避けられないと見ているが、成田のハブ機能と現在のアジア路線をできるだけ長く存続できるよう最善を尽くす」と、成田線を縮小する可能性を指摘。「これから綿密な分析を行い、その結果に基づき路線の調整を行う予定」としている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

航空 アクセスランキング

  1. アメリカの大統領専用機 VC-25が羽田空港を離陸 [写真蔵]

    アメリカの大統領専用機 VC-25が羽田空港を離陸 [写真蔵]

  2. オバマ大統領が搭乗のエアフォースワン、給油のために横田基地へ立ち寄り

    オバマ大統領が搭乗のエアフォースワン、給油のために横田基地へ立ち寄り

  3. アメリカ空軍、カーター国防長官の来日にあわせE-4Bを運航

    アメリカ空軍、カーター国防長官の来日にあわせE-4Bを運航

  4. ルフトハンザドイツ航空、フランクフルト=ケープタウン線を再開へ…12月2日から

  5. MRJ、飛行試験2号機が5月に初フライト…1号機は改修中

  6. 【静岡ホビーショー16】タミヤ、新作「1/48 F-14A トムキャット」を会場発表

  7. MRJ、エンジン空中停止や片エンジンなどの飛行試験を実施…三菱航空機

  8. シンガポール航空、ヨハネスブルグ線にA350-900を投入へ…6月27日から

  9. 三菱重工、国産ステルス機「X-2」の初飛行に成功

  10. 機内でもペットと一緒に…ANAグループ、新ツアー「ワンワンフライトin北海道」を設定

アクセスランキングをもっと見る