人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

スター精密、複雑形状の自動車部品加工などに向けたスイス型自動旋盤を発売

自動車 ビジネス 国内マーケット

スター精密 スイス型自動旋盤 SV-20R
  • スター精密 スイス型自動旋盤 SV-20R
スター精密は、スイス型自動旋盤SVシリーズの新製品「SV-20R」を開発。自動車・医療分野など複雑形状の部品加工向けに2016年5月より販売を開始する。

SV-20Rは最大加工径φ20mmで、工具旋回制御軸(B軸)付きの8面タレット型刃物台を搭載。刃物台は旋回式回転工具ユニットを最大4か所に装着でき、プログラムによる自在な角度制御のほか、同時5軸制御など、多彩な加工バリエーションを実現している。

また、多様化が進む部品加工ニーズに対応するため、ガイドブッシュ仕様、ノンガイドブッシュ仕様の切り換え方式を採用。モーターシャフトなど長い部品は、材料の振れ止めをするガイドブッシュ仕様により、加工物のたわみを抑制することで高精度加工を実現している。一方、ナットなどの短い部品は、ノンガイドブッシュ仕様に切り換えることで、廃棄される残材の長さを短くし材料コストを削減するなど、加工部品に応じた最適な仕様での加工を可能にしている。

制御軸数は、直線9軸・主軸回転2軸にB軸(工具旋回軸)を加えた12軸。正面加工用として、ガイドブッシュを中心に手前側に2軸制御のクシ刃型刃物台を、奥側に3軸制御のタレット型刃物台を配置した。各々の刃物台を独立制御することで旋削・穴明け・ミリングなどの同時加工が可能。また、背面加工用にはY軸制御付き8軸型ユニットを搭載し、正面/背面での工程分割および同時加工に対応することで、加工時間を短縮する。

さらに、同社独自の制御方式であるスターモーションコントロールシステムを搭載。NC制御による運転時には必要な演算時間、工具選択時間などの非切削時間を徹底的に削減し、サイクルタイムの短縮を実現している。

価格は2052万円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 国内外の設計開発に触れながら自分を成長させる場がある ― エンジニアに訊くZFの魅力

    国内外の設計開発に触れながら自分を成長させる場がある ― エンジニアに訊くZFの魅力

  2. 三菱自動車、国内シェアは1%にダウン…軽自動車販売75%減など 6月実績

    三菱自動車、国内シェアは1%にダウン…軽自動車販売75%減など 6月実績

  3. FBIがフェラーリ F50 を全損、弁償せず…秘密捜査?

    FBIがフェラーリ F50 を全損、弁償せず…秘密捜査?

  4. マツダ青山執行役員、国内販売大幅減も「正価販売は今後も継続する」

  5. マツダ藤本常務「アメリカ市場は基本的に厳しいが、踏ん張り時」

  6. スバル富士重、国内外販売好調…総生産台数は8か月連続プラス 6月実績

  7. 【スバルファンミーティング】BRZ ターボ化の可能性は…「頑張れば2.5Lなら」開発者トークショー

  8. スバル富士重 吉永社長「今秋の インプレッサ 皮切りに毎年新車を投入」

  9. 【リコール】UDトラックス クオン、謎の自動ブレーキ…プログラム不具合だった

  10. ホイールアライメントって何? 調整の必要な理由とは

アクセスランキングをもっと見る